干渉検出

IFCファイルのインポートを介して主要な設備アプリケーションからインポートした設備要素は、GRAPHISOFT MEPモデラーオブジェクトに自動的に変換されます(使用しているソフトウェアにGRAPHISOFT MEPモデラーとの専用接続があるか、設備コンサルタントに問い合わせてください)。これにより、GRAPHISOFT MEPモデラーのユーザーは受け取った3D設備要素に対して、干渉検出機能を含む([デザイン]→[MEPモデリング]→[干渉検出])アプリケーションの全機能を活用できます。この機能はプロジェクト内で、設備要素が相互に交差する場所と建築モデルの他の要素と交差する場所を特定します。干渉検出機能は平面図と3Dウィンドウで、非表示レイヤー上の要素を除く全ての設備要素に対して使用できます。
隙間の層に対して[干渉検出に関係]タグを使用して、モデルの複合構造や断面形状のビルディングマテリアル構成要素を正しく設定すると、設備設計者はこれらの隙間に配管を配置することができ、MEPモデラーの干渉検出機能はこれらの要素の干渉を検出しません。
干渉検出機能の詳細については、GRAPHISOFT MEPモデラーのユーザーマニュアルの「設備モデルをArchiCADで処理」セクションを参照してください。