変更管理

他の部門とのモデルやデータの交換では、通常は情報交換を複数回行う必要があります。例えば、建築構造ワークフローでは、強度の分析結果やデザインの計算結果に応じて、構造設計者は構造要素のサイズ(厚さ、高さ、断面形状など)と位置の変更を提案する場合があります。
ArchiCADを含む多くのアプリケーションは、このような形状の変更を検出して管理するための機能を備えます。
3Dモデルを比較(モデルベースの交換)
IFCモデルベースのデータ交換運用方法の一環として、ArchiCAD の「IFC モデルの変更を検出」ツールにより、以下の操作を実行できます。
構造/設備モデル(IFCファイル)の2つの後続バージョンを比較
2つのバージョン(新しく検出された要素と修正された要素)の差異を特定
変更内容を現在のArchiCADモデルまたは空のArchiCADプロジェクトファイルに挿入
変更内容をArchiCADのマークアップ項目として表示および管理
マークアップパレットのコントロールを使用すると、2Dウィンドウと3Dウィンドウで変更要素を簡単に切り替えることができ、それらを区別して選択することができるため、建築モデルで必要な変更を実行できます。
この機能の詳細については、「変更を検出」を参照してください。
BCFコラボレーションワークフローを使用して、新規または修正した要素にコメントを割り当てることで、任意のIFCモデルに修正点をマークすることができます。BCFコメント([IFCモデルの変更を検出]に類似)がArchiCADでマークアップ項目として表示されます。
2Dウィンドウで変更を表示(モデルベースまたは図面ベースの交換)
複数のバージョンの構造/設備データ(モデルベースまたは図面ベース)をArchiCADに結合する場合、それぞれの後続バージョンを独自のレイヤーに配置して個別のビューとして保存できます。次に、1つのビューを開き、それから[参照]機能を使用して、最初に開いたビューの横または上にもう1つのビューを表示して、別のバージョンを示します。変更内容は自動的に認識されませんが、参照機能を使用して、平面図、断面/立面/展開図、3Dドキュメント、ワークシート、詳細図、またはレイアウトウィンドウで視覚的に特定できます。次に、ArchiCAD モデルで必要な変更を手動で実行できます。