ArchiCADモデルとIFCデータ間の接続

全てのIFCデータは、ネイティブのArchiCADデータとして機能します。ArchiCADデータへの操作は全てIFCデータでも実行することができます。
IFCプロパティはArchiCADに固有であるため、以下の機能を使用できます。
要素の設定ダイアログ([タグとカテゴリ]パネル)から[IFCプロパティを管理]ダイアログボックスを開き、IFCプロパティの割り当て、編集、表示を行います。
[検索と選択]コマンドを使用して、任意の要素のIFCプロパティを検索します。
一覧表を使用して、任意の要素のIFCプロパティをリストします。
[パラメータ取得]/[パラメータ置換]ショートカットとコピー&ペーストを使用して、IFCプロパティを要素間で転送できます。
IFCプロパティは、お気に入りとして保存される要素の設定に組み込まれます。そのため、このようなお気に入り要素を(そのIFCプロパティと共に)別のArchiCADプロジェクトで使用できます。プロジェクトテンプレートファイルにIFCプロパティを含めることもできます。
要素設定の[タグとカテゴリ]パネルで設定されたデータ(IFCデータを含む)は、ArchiCADで表示できます。データはラベルやゾーンスタンプ、マーカーとして表示されます。
ホットリンクモジュールのIFCを照会し、リストできます。
チームワークでは、確保済みの要素に対するIFCデータを修正できます。
要素のIFCデータには、ODBCドライバやArchiCAD API(ArchiCAD用の開発が可能なアドオン)を介してアクセスできます。IFC マネージャーを使用して、プロジェクトに関連する全てのIFCデータ(ホットリンクモジュールのIFCデータを含む)を管理します。平面図と3D表示のどちらからでも、モデル要素とIFCマネージャーにリストされるデータ間を簡単に移動できます。
全てのArchiCADツールのパラメータ(要素プロパティ、一覧表(TES)データ、ライブラリ部品パラメータなど)は、変換ルールに従ってIFC標準プロパティまたはカスタムプロパティにマップすることができます。IFCプロパティを要素に割り当てる場合、当然のことながら、受信側のアプリケーションがレンダリングや表示、照会を行うことができるパラメータを選択する必要があります。そのため、データの送信先となるエンジニアやその他専門家に問い合わせることをお勧めします。通常は、無償でダウンロードできるIFCビューアーでは、割り当てられたIFCプロパティ全てを要素別にリスト表示できます。
1つのオプションを設定するだけで、カスタムIFCプロパティへのエクスポート中に、全ての(一覧表とライブラリ部品)要素パラメータを自動的に変換させることができます。