分類

ArchiCADでは、オプションで特定の分類をプロジェクト要素に割り当てることができます。このような分類を使用すると、他のアプリケーションでデータの解釈、モデルの透過、要素の検索、リスト表示、正確なデータの共有などに使用できる特殊なパラメータや機能を要素に割り当てることができます。
設定ダイアログボックスの[タグとカテゴリ]パネルで、各構造要素ごとに以下の 3 つの「分類」コントロールを設定できます。
要素分類
モデルをより正確にマップするために、ArchiCAD要素を特定の要素タイプとして分類できます。この要素タイプは要素の作成に使用したツールと異なっていても構いません。各ArchiCAD要素タイプにはデフォルトのIFC設定([ArchiCADタイプ]オプションを選択した場合に使用)がありますが、他の要素(IFC)タイプを特定の要素に割り当てることもできます。例えば、マップ先のIFC要素タイプに対応する専用のArchiCADツールがない場合、またはスラブツールを使用して天井のモデルを作成したりする場合など、特定のツールを使用してタイプが異なる要素のモデルを作成した場合などに行います。
[検索と選択]ダイアログボックスの「要素分類」条件を使用して、IFC要素分類タイプ別に要素を検索することもできます。例えば、天井を表現するために使用されるスラブのみを検索できます。
各要素は選択した要素タイプに従ってIFCモデルに保存されるため、要素分類は必然的にIFCエクスポート処理にも影響を与えます。[タグとカテゴリ]パネルでは、クラスに対応するIFCエンティティが[IFCタイプ]項目に表示されます(必然的に、エクスポートした要素はこのタイプになります)。したがって、ArchiCADである壁を梁に分類すると、連携先のアプリケーションではこの要素を梁として解釈します(当然、プログラムの機能によります)。
構造機能
「構造耐力要素」または「非構造耐力要素」
構造プログラムを使用するパートナーとのコラボレーションでは、ArchiCADモデルをIFC形式にエクスポートできます。構造機能分類(ArchiCADで割り当てられます)は、「構造耐力要素」プロパティをエクスポートファイルの構造要素に自動的に追加します。
ここで「構造耐力要素」とは「耐力構造(要素)」、「非構造耐力要素」とは「非耐力構造(要素)」のことを意味します。以後同様です。
注記:デフォルトでは、Revit Structureは「構造」ビューに「構造耐力要素」プロパティを持つ壁のみを表示します。ただし、ArchiCADで必要な壁を「構造耐力要素」として分類しないと、構造設計者はArchiCADからエクスポートした全ての壁を表示するために、壁の構造体機能の変更や別の表示部門(「建築」など)の適用を行うことがあります。
現在のIFC標準は、壁、スラブ、柱、梁、屋根、ArchiCADでこれらに分類された要素、これらのサブタイプを持つオブジェクトの要素に対してのみ、「構造耐力要素」IFCプロパティのエクスポートをサポートします。したがって、階段、傾斜、カーテンウォールなどの要素の構造機能分類が有効になるのは、ArchiCAD内のみ(検索と選択、一覧表、躯体表示など)です。
モデル要素を構造耐力要素として分類し、躯体表示の「構造耐力要素の躯体のみ」オプションを使用して、これらの要素のみを表示できます。これは、構造耐力要素のみを構造エンジニアにエクスポートする場合に特に便利です。この場合、[躯体表示]オプションを使用した表示で「表示要素」エクスポートモードを使用するだけです。
この分類はリスト表示に利用できます。例えば、構造耐力要素の全ての壁または柱に必要な材質を、非構造耐力要素の材質とは別に計算できます。[検索と選択]ダイアログボックスの条件には、構造耐力要素または非構造耐力要素として定義された要素、または構造機能分類が未定義である要素の検索が組み込まれます。IFCエクスポートでは選択した要素のみに限定することができるので、例えば、構造体として設定された要素のうち、選択したもの全てをエクスポートすることができます(躯体のみでなく、上述の例のように)。
構造機能を使用すると、エクスポートするIFCモデルを構造耐力要素のみに制限できるため、コラボレーションプロセスを効率化できます。
構造体データも、エクスポートされる要素の標準プロパティです。さらに、他のアプリケーション(構造プログラムなど)もその構造体機能に基づいて要素を分類する場合は、ArchiCADはインポート時にこれらの要素をフィルタし、ArchiCADモデル内でその分類を使用して表示することができます。
位置
「インテリア」または「エクステリア」
この分類は、要素を建物の位置で区別できるパートナー(エネルギー分析者など)にIFCファイルを送信する場合に便利です。ArchiCADモデルをIFC形式にエクスポートする場合、「インテリア」または「エクステリア」として分類されるモデル要素は、この情報をIFCを介してパートナーのアプリケーションに取り込みます。
当然ながら、逆の場合も同じです。位置(IsExternal)は、特定の建築物要素(壁、スラブ、柱、梁など)に対する標準のIFCプロパティであるため、インポートされたIFCモデルにこのようなデータが含まれる場合は、個々の要素に適切な分類が自動的に追加されます。
[検索と選択]ダイアログボックスの条件には、エクステリアまたはインテリアとして分類される要素、または位置が未定義である要素の検索が組み込まれます。
リスト表示された要素を、ここで定義するように「位置」で区別するには、連動一覧表の基準領域も使用できます。
注記:ArchiCAD内では、位置分類はArchiCADプロパティとして完全に使用可能です([検索と選択]や[一覧表])などで)。ただし、IFC標準でサポートされていない特定の要素タイプ(天井(IfcCovering)など)では、位置分類はIFCプロパティとしてエクスポートされません。