IFC要素タイプ

ArchiCADの各モデル要素、建築タイプオブジェクト、注釈要素のIFC構造にはマップされたペアが存在します(IFC要素タイプ)。以下の表は、ArchiCAD要素から変換されるデフォルトのIFC要素タイプをまとめたものです。
 
ArchiCAD
要素
マップされた
IFC要素タイプ
 
ArchiCAD
オブジェクト >
サブタイプ
マップされた
IFC要素タイプ
IfcWallまたはIfcWallStandard Case(形状に応じて)
 
オブジェクト> 壁
IfcWall
ドア
IfcDoor
 
オブジェクト> ドア
IfcDoor
IfcWindow
 
オブジェクト> 窓
IfcWindow
天窓
IfcWindow
 
オブジェクト> 開口
IfcOpeningElement
屋根
IfcSlab(事前定義タイプは屋根)
 
オブジェクト> 屋根
IfcSlab(事前定義タイプは屋根)
シェル
IfcSlab(事前定義タイプは屋根)
 
オブジェクト> 梁
IfcBeam
IfcBeam
 
オブジェクト> 柱
IfcColumn
IfcColumn
 
オブジェクト> 杭
IfcPile
スラブ
IfcSlab(事前定義タイプは床)
 
オブジェクト> スラブ
IfcSlab(事前定義タイプは床)
階段
IfcStair
 
オブジェクト> プレキャストスラブ
IfcSlab
モルフ
IfcBuildingElementProxy
 
オブジェクト> プレート
IfcPlate
スロープ(Stair Maker)
IfcStair
 
オブジェクト> 部材
IfcMember
メッシュ
IfcBuildingElementProxy(IfcSite形状として)
 
オブジェクト> テンドン
IfcTendon
カーテンウォール
IfcCurtainWall
 
オブジェクト> 階段
IfcStair
ゾーン
IfcSpace
 
オブジェクト> 階段部材
IfcStairFlight
壁の終端
IfcWall
 
 
 
コーナー窓
IfcWindow
 
オブジェクト> 傾斜
ifcRamp
通り芯
IfcGridAxis
 
オブジェクト> 傾斜部材
ifcRampFlight
通り芯設定
IfcGrid
 
オブジェクト> 手摺
IfcRailing
ランプ
IfcFlowTerminal
 
オブジェクト> カーテンウォール
IfcCurtainWall
寸法
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 家具
IfcFurnishingElement
高度寸法
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 木製トラス
IfcBeam
テキスト
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 基礎
IfcFooting
ラベル
IfcAnnotation
 
オブジェクト> フーチング
IfcFooting
塗りつぶし
IfcAnnotation
 
オブジェクト> スペース
IfcSpace
IfcAnnotation
 
オブジェクト> カバー
IfcCovering
円弧/円
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 鉄筋
IfcReinforcingBar
ポリライン
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 溶接金網
IfcReinforcingMesh
半径寸法
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 壁の終端
IfcWall
角度寸法
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 電気的要素
IfcFlowTerminal
スプライン
IfcAnnotation
 
オブジェクト> 継手
IfcFlowFitting
注記:
通り芯と2D要素のエクスポートは、IFCトランスレータで該当するオプションを有効にしている場合のみ行われます。
IFC標準では、寸法のインテリジェントなエクスポートはサポートされていません。そのため、寸法要素をエクスポートすると、要素が線とテキストに分解されます(IfcAnnotation要素)。
オブジェクトの場合、サブタイプ(例えば、壁サブタイプを持つオブジェクト)を分類できる場合、オブジェクトはそれに応じてエクスポートされます(IfcWallとしてなど)。一部のサブタイプは、そのグループ名に対応するIFC要素タイプが自動的に割り当てられます(例:「ベッド」、「椅子」または「テーブル」サブタイプの場合、そのグループ名が「Furnishing」サブタイプのため、IFCタイプは「IfcFurnishingElement」に自動的に設定されます)。IFC要素タイプに対応するサブタイプが存在しない場合は、IFC2x_Base_Objectの下でサブタイプを検索するか(下図を参照)、オブジェクト設定の[タグとカテゴリ]パネルで[要素分類]オプションを使用(後述を参照)することをお勧めします。そのようなIFC要素タイプが存在しない場合は、オブジェクトは一般的なソリッドオブジェクト「IfcBuildingElementProxy」としてエクスポートされます。
ArchiCADの要素分類は、その要素のIFCエクスポートタイプに反映されます。上の表に表示するマップは、要素の要素分類値(要素設定の[タグとカテゴリ]パネルの「要素分類」で設定)が「ArchiCADタイプ」に設定されている場合のデフォルトおよび推奨状態を示しています。
要素分類
IFCタイプ
(事前定義タイプ)
デフォルト
IFC製品タイプ
代替IFC製品タイプ
(IFCマネージャーで
設定可)
IfcBeam
IfcBeamType
 
建築要素プロキシ
IfcBuildingElement
Proxy
IfcBuildingElement
ProxyType
 
ケーブルキャリア金具
IfcFlowFitting
IfcCableCarrier
FittingType
IfcDuctFittingType、IfcJunctionBoxType、IfcPipeFittingType
ケーブルキャリア分節
IfcFlowSegment
IfcCableCarrier
SegmentType
IfcCableSegmentType、IfcDuctSegmentType、IfcPipeSegmentType
天井
IfcCovering(天井)
IfcCoveringType
 
IfcColumn
IfcColumnType
 
表面
IfcCovering(未定義)
IfcCoveringType
 
カーテンウォール
IfcCurtainWall
IfcCurtainWallType
 
個別付属品
IfcDiscreteAccessory
IfcDiscreteAccessoryType
IfcVibrationIsolatorType
分岐チャンバー要素
IfcDistribution
ChamberElement
IfcDistribution
ChamberElementType
 
分岐制御要素
IfcDistributionControl
Element
IfcControllerType
IfcActuatorType、IfcAlarmType、IfcFlowInstrumentType、IfcSensorType
分岐要素
IfcDistribution
Element
IfcDistribution
ElementType
IfcDistributionChamber
ElementType、IfcActuatorType、IfcAlarmType、IfcControllerTypeなど
分岐フロー要素
IfcDistributionFlow
Element
IfcValveType
IfcAirTerminalBoxType、IfcDamperType、IfcElectricTimeControlType、 IfcFlowMeterType、IfcProtectiveDeviceType、IfcSwitchingDeviceType
ドア
IfcDoor
IfcDoorStyle
 
ダクト金具
IfcFlowFitting
IfcDuctFittingType
IfcCableCarrierFittingType、IfcJunctionBoxType、IfcPipeFittingType
ダクトフローターミナル
IfcFlowTerminal
IfcAirTerminalType
IfcElectricApplianceType、IfcElectricHeaterType、IfcFireSuppressionTerminal
Type、IfcGasTerminalType、IfcLampType、IfcLightFixtureType、IfcOutletType、IfcSanitaryTerminalType、IfcStackTerminalType、IfcWasteTerminalType
ダクト分節
IfcFlowSegment
IfcDuctSegmentType
IfcCableCarrierSegment
Type、IfcCableSegmentType、IfcPipeSegmentType
エネルギー変換装置
IfcEnergyConversion
Device
IfcTransformerType
IfcAirToAirHeatRecovery
Type、IfcBoilerType、IfcChillerType、IfcCoilType、IfcCondenserType、IfcCooledBeamType、IfcCoolingTowerTypeなど
固定具
IfcFastener
IfcFastenerType
IfcMechanicalFastenerType
フロー制御装置
IfcFlowController
IfcValveType
IfcAirTerminalBoxType、IfcDamperType、IfcElectricTimeControlType、 IfcFlowMeterType、IfcProtectiveDeviceType、IfcSwitchingDeviceType
フロー移動装置
IfcFlowMovingDevice
IfcPumpType
IfcCompressorType、IfcFanType
フローストレージ装置
IfcFlowStorageDevice
IfcTankType
IfcElectricFlowStorage
DeviceType
フロー処理装置
IfcFlowTreatment
Device
IfcFilterType
IfcDuctSilencerType
基礎
IfcFooting(未定義)
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
家具
IfcFurnishingElement
IfcFurnishingElementType
IfcFurnitureType、IfcSystemFurnitureElement
Type
ランプ
IfcFlowTerminal
IfcLampType
IfcAirTerminalType、IfcElectricApplianceType、IfcElectricHeaterType、IfcFireSuppressionTerminal
Type、IfcGasTerminalType、IfcLightFixtureType、IfcOutletType、IfcSanitaryTerminalType、IfcStackTerminalType、IfcWasteTerminalType
照明設備
IfcFlowTerminal
IfcLightFixtureType
IfcAirTerminalType、IfcElectricApplianceType、IfcElectricHeaterType、IfcFireSuppressionTerminal
Type、IfcGasTerminalType、IfcLampType、IfcOutletType、 IfcSanitaryTerminalType、IfcStackTerminalType、IfcWasteTerminalType
固定機器
IfcMechanical
Fastener
IfcMechanical
FastenerType
 
部材
IfcMember
IfcMemberType
 
IfcPile(未定義)
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
パイプ金具
IfcFlowFitting
IfcPipeFittingType
IfcCableCarrierFittingType、IfcDuctFittingType、IfcJunctionBoxType
パイプフローターミナル
IfcFlowTerminal
IfcSanitaryTerminal
Type
IfcAirTerminalType、IfcElectricApplianceType、IfcElectricHeaterType、IfcFireSuppressionTerminal
Type、IfcGasTerminalType、IfcLampType、IfcLightFixtureType、IfcOutletType、IfcStackTerminalType、IfcWasteTerminalType
パイプ分節
IfcFlowSegment
IfcPipeSegmentType
IfcCableCarrierSegment
Type、IfcCableSegmentType、IfcDuctSegmentType
プレート
IfcPlate
IfcPlateType
 
手摺り
IfcRailing(未定義)
IfcRailingType
 
傾斜
IfcRamp(未定義)
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
傾斜部
ifcRampFlight
IfcRampFlightType
 
強化バー
IfcReinforcingBar
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
強化メッシュ
IfcReinforcingMesh
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
屋根
IfcSlab(屋根)
IfcSlabType
 
サイト形状
IfcSite形状の部品
(使用不可)
 
スラブ
IfcSlab(床)
IfcSlabType
 
階段
IfcStair(未定義)
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
階段部
IfcStairFlight
IfcStairFlightType
 
テンドン
IfcTendon(未定義)
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
テンドンアンカー
IfcTendonAnchor
(IFC2x3スキームで使用不可)
 
移送要素
IfcTransportElement(未定義)
IfcTransportElement
Type
 
IfcWall
IfcWallType
 
IfcWindow
IfcWindowStyle
 
カーテンウォールを構成するサブ要素に要素分類を割り当てることはできません。全てのカーテンウォールフレームのIFC要素タイプはIfcMembersになります。また、全てのカーテンウォールパネルはIfcPlatesになります。
場合によっては、ArchiCADツールボックスに対応物がない建築物要素のモデルを作成する必要があります。既存のツールを使用する必要があります。例えば、スラブツールを使用して天井のモデルを作成する場合があります。これらの要素にデフォルト値「ArchiCADタイプ」を使用すると、IfcSlabとしてエクスポートされます。これを回避するには、ArchiCADの要素分類機能を使用してこのような非標準モデルに対処し、タスクを適切にエクスポートします。ArchiCADゾーン、グリッド、注釈要素を除く全てのArchiCAD要素は、IFCエクスポート用に分類できます。そのため、例えばスラブツールを使用して作成した天井のモデルは、「天井」として分類されます。このようにして、そのスラブは建築モデルのIFC階層(この設定はIFCマネージャーを使用して確認できます)およびエクスポートされるIFCモデルで、天井事前定義タイプのIfcCovering要素として分類されます。
注記:
モデル作成のロジックでこのような変更が要求される場合を除いて、ArchiCAD要素のデフォルト分類は変更しないでください。このような場合以外は、デフォルトの「ArchiCADタイプ」分類を使用してください。例えば、ArchiCADの壁を「壁」として分類する理由はありません。これを「ArchiCADタイプ」のデフォルト値のままにしても結果は同じで、壁は自動的にifcWallとしてエクスポートされます。
要素分類には別の利点があります。要素分類はIFCエクスチェンジに直接結びつけられていません。そのため、[検索と選択]によるプロジェクトの[要素分類]基準でのフィルタリングや、あるいは、一覧表によるArchiCAD要素のデータのリスト表示が可能です。例えば、天井のモデル作成に使用されたスラブのみを選択または表示できます。
このように、要素分類は、ArchiCAD基準のクラス機能で、IFCエクスポートに影響を与えます。使用可能な要素分類の値は、IFCエンティティタイプの名前に正確には対応していません。例えば、「天井」分類では、IfcCeilingのものはなく、代わりに、対応する名前は事前定義タイプの「天井」のIfcCoveringになります。屋根分類についても同様です。屋根分類のArchiCAD要素は事前定義済みのIfcSlabタイプとしてエクスポートされます(「IfcRoof」と呼ばれるエンティティはありませんが、IFCコンテナにあります。「IFCコンテナ」を参照)。ArchiCAD要素のクラスに対応するIFCエンティティを確認するには、要素の[設定]ダイアログボックスの[タグとカテゴリ]パネルか、または要素の[IFC属性]の上にあるIFCマネージャー内にある[IFCタイプ]エンティティを確認します。[検索と選択]を使用して[IFCタイプ]基準ごとのフィルタリングや、一覧表を使用してArchiCAD要素のデータのリスト表示を行うこともできます。例えば、 IfcSlab分類のモデル要素のみを選択またはリストすることができます。
サイト形状と分類されたArchiCAD要素は、IFCエクスポートプロセスの一部として、IfcSite形状の一部となります(ArchiCAD要素に形状がある場合)。IfcSiteのIFCデータは、IFCマネージャーでのみ編集することができるので、ArchiCAD要素の[タグとカテゴリ]パネル内には「IFCプロパティを管理」インターフェイスはありません。
要素に自動的に生成されたIFC製品タイプは、IFCマネージャーでのみ、確認と管理ができます。また、場合によっては、デフォルトのIFC製品タイプは、IFCマネージャーを使用して、別のIFC製品タイプに変更することができます。
IFCモデルのインポートでは、次のようにIFC要素タイプに応じた要素変換ルールが使用されます。
インポートしたIFCモデル要素の形状が「押し出し」形状で、ArchiCADツール(オブジェクトタイプツールでない)を使用して再作成できる場合、インポートした要素はネイティブの編集可能なArchiCAD要素に変換されます。例えば、IfcBeamはArchiCADの梁に変換されます。
インポートしたIFCモデル要素の形状が「BREP」であるか、または非オブジェクトタイプのArchiCADツールで再作成できない場合(つまり、対応するArchiCADツールがない場合)、オブジェクトまたはモルフに変換されます(インポートオプション設定による)。例えば、変換のインポートオプションが[オブジェクト]に設定されている場合、BREP IfcBeamはサブタイプ梁のArchiCADオブジェクトに、IfcCovering要素はサブタイプ表面のArchiCADオブジェクトに変換されます。
注記:
作成される要素がオブジェクトかモルフかは、使用しているIFCトランスレータの形状変換インポートオプションによって異なります。
IFCトランスレータについては、「インポートオプション」を参照してください。
「押出形状」とは、標準のIFC形状形式で、要素のパラメーター値(厚み、高さ、基準線またはエッジの位置、複合構造の仕上げ構造など)をもちます。ただし、ある種の特殊な断面をもちません。「境界表現」(BREP)図形作成法は、要素の形状をその特殊な断面/接続と一緒に再現する方法に似ています(ただし要素のパラメータは失われます)。
当然ながら、指定された要素または要素タイプがインポートされるかどうかは、モデル要素フィルタ設定またはIFCトランスレータのインポートオプションによって異なります。