IFC割り当て

IFC割り当て(IfcRelAssigns)を使用して、異なるプロジェクト要素間の関係を定義します。各割り当てタイプが、独自のIFC属性(最も重要な属性はオブジェクトタイプ)と、標準およびカスタムIFCプロパティを持つことができます。IFC標準の主な割り当てタイプは下記のとおりです。
IFCグループ(IfcGroup):これを使用して任意のプロジェクト要素(建築物要素、フロアなど)のグループを作成します。例:フレームの構成要素である柱と梁を1つのグループにします。IfcGroup割り当てでは、複数レベルの階層でグルーブ化することも可能です。例えば、[フレーム-システム]グルーブで、フレームグループ化できます。
IFCゾーン(IfcZone):これを使用してIfcSpace要素(ArchiCADゾーンに対応)のグループを作成します。例:同じ機能を持つArchiCADゾーンを、例えば「セキュリティゾーン」のような名前で1つのIfcZoneにグループ化します。IfcZone割り当てでは、複数レベルの階層でグルーブ化することも可能です。例えば、上位レベルであるIfcZoneグループ(Governmentalゾーン)の一部であるIfcZone(セキュリティゾーン)で、ArchiCADのゾーン(IfcSpaces)をグループ化することができます。
IFCシステム(IfcSystem):これを使用して、プロジェクト要素(特にMEP要素)のグループを手動でシステム階層に作成します。作成はMEPモデラーで定義済みシステムを使用して、あるいは、MEPアプリケーションなどによってエクスポートされたシステムをインポートします。サブシステム階層の定義(親子システム-メインサブシステム)も使用できます。例えば、エレベーターシステム内のグループ化されたエレベータを、機械システムの子(サブ)システムにすることができます。また、配管要素を、配管システムの冷水サブシステムに割り当てることができます。システムを空間構造に関係する情報(IfcSite、IfcBuilding、IfcStorey またはIfcSpace)に結びつけることもできます。例えば、ダクトシステムに、ダクトが通るArchiCADゾーン(IfcSpace)を全て追加できます。
アクター(IfcActor):これを使用して、アクター(個人や組織)とその役割(例:所有者、設計担当者、依頼人など)を任意のプロジェクト要素(プロジェクト、フロア、建築物要素など)に割り当てます。例:アクター「プロジェクト設計担当者」と「プロジェクト依頼人 /所有者」(GSA要件)をプロジェクト(IfcProject)に割り当てます。
スペース占有者(IfcOccupant):これを使用して、アクター(個人や組織)と1つまたは複数のIfcSpaceまたはそのグループ(IfcZone)の間の占有関係を定義します。
時系列スケジュール(IfcTimeSeriesSchedule):これを使用して、占有状態や照明と機器のスケジュール割り当てを、ArchiCADゾーンの全てのプロジェクト要素に設定します。例えば、課題(値)を、具体的な開始日と終了日、時間ステップ、繰り返し期間(年次、月次、週次、日次、あるいはユーザー定義の間隔)の情報を伴って、IfcSpacesに割り当てることができます。
ArchiCADでは、上述のIFC割り当てタイプを全てサポートしています。
IFCマネージャーインターフェイスにより、プロジェクトにあらゆる割り当てを行うことができ、IFCデータを全て管理できます。
上述の割り当てデータは全て、IFCモデルのインポートで生成されます(例、MEP-type IFCモデルに保存されたIfcSystems、FMアプリケーションで定義されたIfcZones)。
主導で定義した、または事前にインポートした使用可能なIFC割り当ては全て、現在のArchiCADプロジェクトからマップした新規のIFCモデルとともに、エクスポートされます。