IFCプロパティ

IFCプロパティは、IFCエンティティに割り当てられた追加の(大多数はIFCタイプ固有の)パラメータです。IFCプロパティは、「IFC 2×3スキーム」データ(buildingSMARTで設定され、名称が接頭文字「Pset_」で始まるプロパティセットに保存されたデータ)と呼ばれる標準データ、または任意のプロパティ名を使ってエクスポートアプリケーションによって作成され、任意のプロパティセット(通常、これらのプロパティセットの名称にはエクスポートアプリケーション名が含まれる)に保存された非標準データ、あるいはプロパティで必要なIFCモデルビュー定義のいずれかになります。
ヒント:IFCプロパティは、ArchiCADツール自体では使用できないArchiCADプロジェクト要素にこれらのデータを割り当てるのに非常に便利です。例えば、防火等級と音響等級は、非オブジェクトタイプの建築物要素にIFCプロパティを使って割り当てることができます。任意のカスタム(かつ任意のIFC)データには、ArchiCADで[検索と選択]や[一覧表]、[ラベル]、その他の機能からアクセスできるため、この機能はArchiCADプロジェクトで非常に役に立ちます。つまり、IFCプロパティや属性、分類参照をさまざまな専門家間のやり取りだけでなく、モデル要素のデータプロパティを拡張することにも使用することができます。
例:
ArchiCADのパラメータや、数量、全てのライブラリ部品パラメータは、エクスポートオプションにより、ArchiCADモデルからIFCエクスポートでカスタムIFC形式プロパティとして自動的にエクスポートすることができます。この場合、パラメータと数量は、ローカライズされた名前で、接頭文字「AC_Pset_」が付いたプロパティセットとしてエクスポートされます。これらのデータは、エクスポート時にのみ生成されるので、IFCマネージャーで使用できません。
IFCプロパティと属性値は、ArchiCADパラメータや数量、ライブラリ部品パラメータから、現在のスキームで設定したマップルールを使用して自動的に設定されます。この場合、IFCデータは、ルールで設定された名称が付けられてエクスポートされます。これらの値は、IFCマネージャーと[要素設定]ダイアログボックスに、ロックアイコンとともに表示されます(マップされていることを示しています)。ただし、必要であれば、値は要素レベルで修正することができます。
一部のプロパティはマップされていても編集不可(プロパティはグレー表示されます)なものがあります。これは、ArchiCADパラメータと1対1のマップ関係があるためです。例:[リノベーションステータス](ArchiCADの[リノベーションステータス]と同一)、[LoadBearing](ArchiCADの[構造機能]と同一)、[IsExternal](ArchiCADの[位置]と同一)。