IFCデータの要素一覧表

ArchiCADの一覧表を使用して、現在のプロジェクト要素に割り当てられているIFCデータを一覧表示します。
新しい要素一覧表を作成する最も早い方法として、ナビゲータで要素項目を右クリックして使用できる[新規一覧表]コマンドがあります。
「検索と選択」機能(前の章を参照)と同様に、連動一覧表を作成するときにもIFCデータを要素条件として使用できます。IFCデータには、属性、プロパティ、分類参照、およびIFCタイプが含まれます。
一覧表フィールドでは、以下のIFCデータを使用できます。
IFCタイプ(一般パラメータのリストから[追加]ボタンを使用)
IFC割り当て
IFC製品タイプ
プロジェクトに存在するその他のIFCデータ(属性、プロパティおよび分類参照)([追加]ポップアップから[IFCプロパティを追加]ボタンを使用)
これらの条件を選択した場合、処理方法は「検索と選択」(前の章を参照)で説明したのと同じです。ここでも、複数選択が可能です。リストからプロパティセットを選択した場合は、それに含まれる全てのプロパティがフィールドとして追加されます。
新規スケジュールのフィールド選択も簡単にできます。[IFCプロパティを追加]を使用して、使用可能なIFCデータを含むダイアログを開きます。[IFCタイプ]や、[IFC割り当て]、[IFC製品タイプ]項目は、[一般]パラメータで使用可能です。[一覧表設定]ダイアログで[OK]をクリックすると、プログラムにより自動的に、フィールド要素と値をもったスケジュールが生成されます。
例:
IFC形式で構造モデルから結合したカスタム表面材質、プロファイル、およびIFCプロパティの情報と共に、全ての柱と梁を一覧表示します。
[IFC割り当て]をスケジュールフィールドのパラメータとして選択した場合、要素が属しているIFC割り当て(名前が付いた分岐)を(編集不可能な形式で)テーブルに一覧表示します。要素に複数の割り当てがある場合、その全てが一覧表示され、「;」で区切られます。
要素の「IFC製品タイプ」データを一覧表示する場合、スケジュールテーブルに、2つの列が作成されます。2の列は、[IFC製品タイプ-タイプ](例、[IfcWallType]、[IfcWindowStyle])と[IFC製品タイプ-名前])(IFC製品タイプの名前属性)になります。