干渉検出

MEPモデラー環境(GRAPHISOFT MEPモデラーアドオンをインストールした環境)では、組み立て要素(梁、柱、スラブ、壁など)とMEPタイプ要素として分類される要素(要素の設定の[タグとカテゴリ]→[要素分類])間の干渉を検出できます。結果として、干渉検出は以下を対象とします。
インポートされた全てのIFC MEP要素(どのMEPアプリケーションがIFCモデルをエクスポートしたかに関係なく)、および
全てのArchiCADプロジェクトのMEPオブジェクトおよびMEP分類の要素(例えば、梁ツールで定義されたが、MEP要素として分類されたパイプ)。
可視性や選択によって両方の要素セットを絞り込むことができます。例えば、建物の特定のウィングの特定の部分にのみ干渉検出を実行する場合(構造耐力要素の柱など)、レイヤーを使用して該当要素のみを表示するビューを作成します。特定のMEP要素を選択すると、それらの要素のみ全ての表示組み立て要素と照合され、干渉検出が実行されます。
検出された干渉は、マークアップ項目として表示されます。
マークアップ項目は、BCF形式でコンサルタントとやり取りできます。
干渉検出を開始するには、[デザイン]→[MEPモデリング]→[干渉検出]の[干渉検出]コマンドを使用します(ArchiCADにMEPモデラー環境が必要です)。
GRAPHISOFT MEPモデラーの詳細は、以下を参照してください。