モデルフィルタ

各IFCトランスレータには、インポートまたはエクスポートする要素のフィルタ設定が含まれます。
ただし、インポート/エクスポート処理時にアクセスできるモデルフィルタオプションを使用すると、これらの設定を微調整できます。リストから要素を1つずつフィルタすることもできます。適用されるモデルフィルタ機能は、インポートとエクスポートで以下のように異なります。
エクスポート:モデルフィルタはエクスポートコマンドのダイアログボックスに表示されます。ここでの「エクスポート」設定(「選択した要素のみ」、「表示要素」など)に基づいて、エクスポート可能な要素が表示されます。これで各要素のボックスのオン/オフを切り替えてフィルタを細かく調整できます。
インポート:モデルフィルタの表示はオプションです(適用するIFCトランスレータのインポートオプション)。モデルフィルタでは、IFCモデルからインポートした全ての要素が表示され、要素はフロアまたは機能(構造やHVAC)、あるいは1つずつ個別にフィルタできます。
モデルフィルタオプション:
エクスポートまたはインポート可能な要素がツリー構造で表示されます。このリストを使用して、エクスポート/インポートする要素をフィルタします。
要素のフィルタは、リスト項目をソートするか、それらを以下のようにグループ化(以下の項目で要素をグループ化)するとより簡単になります。
IFC要素タイプ:例えば、モデルのインポートの場合は、IfcWallグループはアプリケーションでIfcWallとしてエクスポートされた要素を含みます。モデルのエクスポートの場合は、IfcWallグループは分類が「ArchiCADタイプ」に設定されているArchiCADの壁、および「壁」として分類されるその他全ての要素を含みます。
フロア:IFC要素タイプと要素はモデルのフロア位置別に表示されます(1Fフロアなど)。
レイヤー:IFC要素タイプと要素はレイヤー別に表示されます。
要素所有者:要素タイプと要素は、作成した所有者に基づいて表示されます(ArchiCADでは、要素所有者をプロジェクト情報で設定できます([ファイル]→[情報]。)
トランスレータの設定で説明したように、IFCドメイン(構造(IfcBuildingElement)、HVAC(IfcDistributionElement)、またはカスタム設定)および構造機能により、要素をさらにフィルタできます。
注記:構造機能によるフィルタ処理は、IFCインポートとIFCエクスポートで異なります。
IFCインポートでは、フィルタは「LoadBearing」IFCプロパティを考慮します。
IFCエクスポートでは、フィルタはArchiCAD要素の「構造機能」分類を考慮します。