エクスポートファンクション

以下の3つのエクスポートファンクションから選択できます。
[名前を付けて保存]([ファイル]):現在のArchiCADプロジェクト全体またはフィルタした内容を全く新しいIFCファイルにエクスポートします。
[IFCモデルに結合]([ファイル]→[ファイル特殊]→[IFC 2×3]):特定のIFC要素(モデルフィルタ)のみ、あるいは現在のArchiCADプロジェクトの内容全体を、既存の(開いていない)IFCファイルに結合できます。このコマンドは、例えば、ArchiCADモデルの選択した内容を、同じプロジェクト用に作成した別の部門(設備システム、構造モデルなど)のIFCファイルに追加する場合に使用します。
例えば、次の図は、設備モデルを含む既存のファイルにArchiCADモデルを結合した結果を示しています。
注記:[IFCモデルに結合]では、既存のIFCファイルの内容は保護されます。ファイルをIFCに結合する場合は、要素は何も置き換えられず、追加されるだけです。つまり、結合される要素が、IFCファイル内の既存要素と同じIFC GlobalId属性(ArchiCADモデル内でもArchiCAD IFC IDと呼ばれます)を持つ場合、ArchiCAD要素は新しいIFC GlobalId属性を使用して結合されます。このため、結合の結果として要素が上書きされることはありません。また、このことから、[IFCモデルへ結合]コマンドは、IFCファイルのあるバージョンから同じファイルの別のバージョンに変更内容を結合する場合には適さないということになります。
[発行]([ドキュメント]メニュー):IFC形式にビューを変換します。ビューをあらゆるIFC形式に変換できます。各発行項目について、ビューの内容が受信者のニーズに合うように、変換設定を変えることができ、しかもワンクリックで必要な出力が作成できます。
モデルについて異なる3Dビューを2つ設定します。一方のビューには、構造体のみを表示します(躯体表示でレイヤーの設定と[構造耐力要素の躯体のみ]オプションを使用)。Tekla構造を使用する構造設計者などとのモデル共有用に、この発行セットのTekla構造の変換設定を選択します。もう一方のビューでは、全てのモデルを表示し、機械エンジニア用に別の変換設定を使用します。[発行]をクリックすると、選択した2つの形式が出力されます。
情報の受け手のプログラムがフロアごとにエクスポートされたビューを必要とする場合にも、発行機能は役立ちます。例えば、構造設計者が平面解析ソフトを使って、平面フレームとしてフロアのスラブの計算と設計を行う場合。
すべてのエクスポート処理で、選択したArchiCAD要素を要素のデフォルトタイプまたは要素のユーザー定義分類に従ってマップすることで、この要素からIFCモデルが生成されます。
エクスポート処理では、常に事前定義済みのトランスレータを使用します。このデフォルト設定は、修正または上書きすることができます。
エクスポートする要素のフィルタ処理は、以下の条件で実行できます。
現在のビューで選択した要素
現在のビュー([名前を付けて保存]コマンドの実行時に開いているビュー)内の表示設定(レイヤー、躯体表示など)に基づいた表示要素
選択内容やレイヤー設定に関係なく、現在のビューの表示設定を使用したモデル全体
注記:
2D図面タイプの要素、注釈要素、または通り芯をエクスポートするには、上記のフィルタ条件(選択要素または表示要素に基づいたエクスポートなど)を満たすだけでは不十分です。特に、使用しているトランスレータの[インポート/エクスポートフィルタオプション]で、これらの要素のエクスポートを有効にする必要があります。
発行機能は、適用する変換機能のフィルタタイプステータスとは無関係に、常に[可視]要素エクスポートモードで使用します。つまり、発行機能は、常に現在のエクスポートビュー設定に基づいてモデルをエクスポートします。
適用するフィルタは以下のいずれかになります。
トランスレータのデフォルトフィルタ
エクスポートダイアログボックスの[エクスポート]ポップアップを使用して、手動で再設定したフィルタ(現在開いているビューの要素のみをフィルタできます)
モデルフィルタで追加設定したフィルタ(全てのモデル要素、全ての表示要素、選択した全ての柱など)
[IFCモデルとして保存]および[IFCモデルに結合]の基本的な手順は、次のとおりです。
手順1:エクスポートするIFCファイル形式を選択(名前を付けて保存タイプ)
[名前を付けて保存タイプ]フィールドで、エクスポートするIFCファイル形式を選択します。
手順2:トランスレータを選択
IFC要素のエクスポートは、選択したトランスレータの設定に従って行われます。ドロップダウンリストを使用して、事前定義またはユーザー定義のトランスレータから選択します。デフォルトでは、ArchiCADからエクスポートするときのデフォルトトランスレータが表示されます。[設定]ボタンを使用してトランスレータの設定を編集するか、新規トランスレータを作成します。
トランスレータのデフォルト設定を変更せずに、現在のエクスポートの要素フィルタをすばやく調整するには、エクスポートダイアログボックスの[エクスポート]オプションまたはモデルフィルタ機能を使用します。
手順3:必要に応じて要素フィルタを修正(エクスポート)
以下のフィルタを使用できます。
[選択した要素のみ](要素が選択されている場合のみ使用可能)
現在のビュー(エクスポートコマンドの実行時に開いているビュー)内の選択された要素がエクスポートされます。
[プロジェクト全体]
選択内容および要素の表示/非表示状態に関係なく、モデル全体がエクスポートされます。
[表示要素(全てのフロア)]
選択内容に関係なく、現在のビューでの表示要素がエクスポートされます(「表示要素」とは、表示されるように設定された全ての要素です(レイヤー設定、モデル表示オプション、躯体表示などによる))。
注記:平面図ビュー(「表示要素(全てのフロア)」)からエクスポートコマンドを実行すると、プロジェクトの全てのフロアに現在表示されている全ての要素がエクスポートされます。
[現在のフロアの全要素](平面図を開いている場合のみ使用可能)
選択内容および要素の表示/非表示状態に関係なく、平面図の現在のフロアの全ての要素がエクスポートされます。
[現在のフロアの表示要素](平面図を開いている場合のみ使用可能)
選択内容に関係なく、平面図の現在のフロアに表示されている全ての要素がエクスポートされます。
手順4:モデルフィルタ(必要に応じて使用)
手順5:ファイル名
[ファイル名]フィールドを使用してエクスポートするファイル名を定義([名前を付けて保存])または選択([IFCモデルに統合])し、[保存]をクリックします。
手順6:エクスポート
[保存]([名前を付けて保存])または[開く]([IFCモデルに結合])をクリックして、エクスポート処理を開始します。
ヒント:IFCモデルをエクスポートしたら、そのIFCモデルをIFCビューアーで(またはArchiCADでIFCファイルを開き直して)確認することをお勧めします。以下に示すような多数のIFCビューアーが無償で提供されており、簡単にダウンロードできます。
DDS-CADビューアー(http://www.dds-cad.net)
Nemetschek IFCビューアー(http://www.nemetschek.com)