IFCの操作

IFC(Industry Foundation Classes)は中立的なファイル形式であり、これを使用して建築部門や設備管理部門のさまざまなCADシステムとその他のシステムの間で情報を交換できます。IFC形式はISOが認定しており、企業の既存の品質保証ポリシーに導入できます。IFCの一部はbuildingSMART(以前のIAI、International Alliance for Interoperability)が開発しました。現在、世界各国に17の支部があり、600社を超える企業が参加しています。
グラフィソフトは、1996年からbuildingSMART組織の活動に積極的に参加しており、IFC標準をサポートしています。これにより、ArchiCADは建築モデルのコンテキストで他の部門とデータを交換し、建築プロジェクトを全て3Dで進めることができます。建築モデルは、文字どおり数百以上ある他のIFC対応システムにエクスポートすることもできます。
BIM(Building Information Modeling)は、CADソフトウェアの導入以降、建築業界の作業手法において最大の技術革新の1つです。BIMと3Dプロジェクトは同義ではありません。3次元の形状表現はデジタル成果物の一部にすぎません。プロジェクトでは、測量、設備管理、エネルギー計算で使用される計算など、形状以外の情報も使用されます。BIMプロジェクトが成功するための条件は、建築プロセスの全段階を通して、各種ソフトウェアやオペレーティングシステム間でインテリジェントな情報を交換できることです。この相互運用性を実現するには、さまざまなシステムをサポートするオープンスタンダードに準拠した中立的なファイル形式が必要です。IFCを使用すると、各部門間で建築モデルを非常に簡単に同期することができます。
その使いやすいインターフェイスと柔軟なカスタマイズ機能により、ユーザーはIFCデータ交換を介してArchiCADで効率的にデータを交換し、必要な要素のみに作業を集中させ、デザイン開発でのエラーを検出することができます。この章の目的は、ArchiCADユーザーにIFC標準への理解を深め、IFCがArchiCADでどのように機能するのかを知ってもらうことです。

サブトピック

モデルビュー定義

Industry Foundation Classes(IFC)は、openBIMのためのオープンな中立的データ形式です。ArchiCADは、最新のIFCリリース:IFC2x Edition 3(IFC 2x Platformの3番目のリリース、略してIFC2x3)、すなわち、2007年7月に発行されたTechnical Corrigendum 1と呼ばれるその最新バージョンのインポート、エクスポートおよびデータ構造をサポートしています。 IFCビューの定義、つまりモデルビュー定義(Model…

ファイルタイプ

ArchiCADは、以下のIFCデータファイル形式のエクスポートおよびインポートをサポートしています。 .ifc:STEP物理ファイル構造を使用するデフォルトの形式。 .ifcZIP:ZIP圧縮アルゴリズムを使用するIFCデータファイル。これは.ifcまたは.ifcXMLの圧縮されたバージョンです。.ifcZIPファイルは通常、.ifcファイルを60~80%、.ifcXMLファイルを90~95%圧縮します。…

IFCデータタイプ

この章では、ArchiCADで使用できる主要なIFCデータタイプについて簡単に説明します。 IFCエンティティ IFCコンテナ IFC製品タイプ IFCモデル階層 IFC属性 IFCプロパティ IFC分類参照 IFC割り当て

IFC要素タイプ

ArchiCADの各モデル要素、建築タイプオブジェクト、注釈要素のIFC構造にはマップされたペアが存在します(IFC要素タイプ)。以下の表は、ArchiCAD要素から変換されるデフォルトのIFC要素タイプをまとめたものです。   ArchiCAD 要素 マップされた IFC要素タイプ   ArchiCAD オブジェクト > サブタイプ マップされた IFC要素タイプ 壁 IfcWallまたはIfcWallStandard Case(形状に応じて)…

IFC関連の機能

以下に、IFCモデルとデータ(IFCアドオンがインストールされている場合)の管理によって影響されるコマンドと機能の概要を示します。 注記:ArchiCADのインストール時に、IFC 2x3アドオンが自動的にArchiCAD環境に挿入されるため、IFCを処理できます。IFCアドオンは各ArchiCAD Hotfixを使用して更新されます。最新のアップグレードについては、 http://www.graphisoft.com/support を確認してください。 IFCデータ処理…

IFCデータの操作

IFCデータは以下の方法で管理できます。 要素設定の[タグとカテゴリ]パネルで、IFC属性、標準およびカスタムIFCプロパティ、IFC分類参照を割り当てて表示できます。さらに、要素設定を使用して、要素分類を実行することができます(要素分類(IFCタイプ)や、構造機能、位置、リノベーションステータスごと)。 「 要素設定ダイアログ」を参照してください。…

エクスポートファンクション

以下の3つのエクスポートファンクションから選択できます。 [名前を付けて保存]([ファイル]):現在のArchiCADプロジェクト全体またはフィルタした内容を全く新しいIFCファイルにエクスポートします。 [IFCモデルに結合]([ファイル]→[ファイル特殊]→[IFC…

インポートファンクション

以下の4つのインポートファンクションから選択できます。 [開く]([ファイル]):モデル全体またはIFCファイルのフィルタした部分を新規プロジェクトとして開きます。ArchiCADは、インポートした要素(IfcWallなど)を対応するArchiCAD要素(壁など)に変換します。…

変更を検出

IFCモデルの変更を検出機能([ファイル]→[ファイル特殊]→[IFC 2x3])は、IFCとしてエクスポートした2つのバージョンの単一モデル間の形状の差異を検出します。つまり、同じプロジェクトの2つのバージョンである2つのIFCファイルを比較します。変更による影響を受ける要素が生成されて、現在実行中のプロジェクトに結合されます(そのプロジェクトは空であることもあります)。ArchiCADのマークアップツールを2D表示と3D表示で使用すると、変更内容を表示して結合できます。…

干渉検出

MEPモデラー環境(GRAPHISOFT MEPモデラーアドオンをインストールした環境)では、組み立て要素(梁、柱、スラブ、壁など)とMEPタイプ要素として分類される要素(要素の設定の[タグとカテゴリ]→[要素分類])間の干渉を検出できます。結果として、干渉検出は以下を対象とします。 インポートされた全てのIFC MEP要素(どのMEPアプリケーションがIFCモデルをエクスポートしたかに関係なく)、および…

インポート/エクスポート設定

IFCを使用したモデルデータのインポートとエクスポートは、使用するトランスレータの設定に従って実行されます。ArchiCADでは、製品出荷時のIFCトランスレータがあらかじめ定義されていますが、カスタムトランスレータを定義することもできます。[IFC変換設定]コマンド([ファイル]→[ファイル特殊]→[IFC 2x3])を使用して、トランスレータ設定の表示や修正、または新規トランスレータの作成を行うことができます。[IFC変換設定]ダイアログボックスに表示される各設定項目について説明します。…

モデルフィルタ

各IFCトランスレータには、インポートまたはエクスポートする要素のフィルタ設定が含まれます。 「 インポート/エクスポートフィルタオプション」を参照してください。 ただし、インポート/エクスポート処理時にアクセスできるモデルフィルタオプションを使用すると、これらの設定を微調整できます。リストから要素を1つずつフィルタすることもできます。適用されるモデルフィルタ機能は、インポートとエクスポートで以下のように異なります。…