ArchiCADで保存するArchiCADファイルタイプ

ArchiCADプロジェクト(.pln)
ArchiCADは、基本的に無制限の長さのUnicodeファイル名をサポートしています。
アーカイブ(.pla)
ArchiCADテンプレート(.tpl)
現在のプロジェクト設定を以後テンプレートとして使用するために保存する場合には、このオプションを選択します。
アーカイブオプション
ArchiCADの旧バージョン形式のプロジェクト(.pln)
ArchiCAD 19は、以前のファイル形式の中でArchiCAD 18ファイル形式でのみプロジェクトファイルを再保存できます。
重要:ArchiCAD プロジェクトを以前のバージョンのプロジェクトとして保存すると、「古いバージョンでサポートされない要素と情報が削除されます」という旨の警告が表示されます。
サポートされるライブラリ部品の下位互換性
ArchiCAD 19のプロジェクトをバージョン18に再保存する場合、19用に修正されたライブラリ部品は、バージョン18で元の状態に自動的に置き換わります。
注記:ArchiCAD 19でArchiCAD 18にないパラメータや機能をオブジェクトに追加した場合は、ArchiCAD 18にオブジェクトを再保存したときに、これらの新機能は失われます。
[名前を付けて保存]ダイアログボックスの[オプション]で、[ライブラリオブジェクトを下位変換]チェックボックスをオフにすることができます。これにより、最新バージョン向けに改訂されたライブラリ部品は、最新バージョンのライブラリをロードしないかぎり、以前のバージョンでは対応する部品に置き換わることなく、「欠落」と表示されます。
BIMxファイル形式
モジュールファイル(クリップボードからモジュール)(.mod)
GDLスクリプト(.gdl)
このオプションでは、モデルをGDLスクリプトで保存できます。
ArchiCAD 2Dライン(.2dl)
これらのファイルは、ArchiCADの3Dウィンドウから標準3Dエンジンを使用して保存したベクトル図面です。この図面はモデル情報を持たず、平面図ワークシートで2Dツールを使って修正できます。
重要な注記:3Dウィンドウでは、このオプションはインターナルエンジンである場合のみ使用可能であり、OpenGLモードでは使用できません。