画面入力の補助機能

サブトピック

インテリジェントカーソル

次のセクションでは、プロジェクトの異なる場所および状況におけるインテリジェントカーソルのさまざまな形状を説明します。 ArchiCADのカーソルは、要素の作図または編集時に以下の形状に変わります。ただし、矢印ツールが選択されている場合を除きます。 ウィンドウ内の何もない領域の十字線 基準線上の壁の節点、または基準軸上の梁の節点の濃いチェックマーク 任意の要素のその他の節点/ホットスポットの薄いチェックマーク 壁の基準線、または梁の基準軸の濃い三つ又…

座標情報

座標値は[座標情報]に表示されます。このボックスはマウスに追随して動き、編集可能なウィンドウタイプで使用できます。 座標情報は、GDLオブジェクト編集時の編集後の長さ、角度、ホットスポット値などの値に関し、動的なフィードバックを提供します。 座標情報表示を有効にする 標準ツールバーの座標情報の切り替えボタンを有効にします。 あるいは、[オプション]→[作業環境]→[座標情報と座標入力]の[座標情報を表示]チェックボックスをオンにします。…

ルーラー

ルーラーは編集補助機能であり、3D ウィンドウと一覧表を除く全ての ArchiCAD ウィンドウの画面の左上に配置できます。 ルーラーはナビゲーションの補助機能として使用します。プロジェクトの現在位置を現在のズームで確認できます。 ルーラーを表示する/隠す ルーラーの表示/非表示を切り替えるには、[表示]→[ルーラー]切り替えコマンドを使用します。 ルーラーを右クリックして[ルーラーの非表示]を選択しても、ルーラーを非表示にすることができます。…

計測

標準ツールバーの計測ツールを使用すると、プロジェクト内の距離と面積を測定することができます。 これは、すばやくフィードバック情報を得るため画面上の一時的な機能です。 計測ツールを使用するには、標準ツールバーでアイコンを有効化するか、ショートカットのMを使用します。始点(次の画像では矩形壁の左上角)をクリックして、壁をなぞります。座標情報には、この始点から測定した水平、垂直方向の距離、半径距離および角度が表示されます。…

グリッド設定

作図を容易にするために、組み立てグリッドとスナップグリッドの 2 種類のグリッドシステムが提供されています。グリッドシステムの設定は、[表示] → [グリッドオプション] → [グリッドと背景]で行います。 詳細は、「 [グリッドと背景]ダイアログボックス」を参照してください。 このコントロールの多くは、ショートカットとして標準ツールバーおよび座標パレットで使用できます。…

グリッドスナップ機能

グリッドスナップ機能を使えば、要素を一定の長さと距離で正確に図面上に整列させることができます。グリッドスナップ機能を有効にすると、1つのグリッドの交差点から別のグリッドも交差部への描画だけが可能になります。カーソルがグリッドに引っ張られ、グリッド節点へスナップされます。その結果、低いズームレベルでも、カーソルを正確に位置付けることができます。…

スナップガイド

スナップガイドは、既存要素に沿って表示される一時的な直線や円弧であり、正確な要素配置に役立ちます。 参照線とは異なり、スナップガイドは一時的に表示され、カーソルが離れると自動的に表示されなくなります。ただし、スナップガイドをピン止めすると、継続して表示することができます。 また、特定の点や辺をスナップ参照としてマークして、表示するスナップガイドを制御することもできます。 スナップガイドの使用方法については、以降のセクションを参照してください。 入力をスナップガイドにロックする…

参照線

参照線(および参照円弧)は、特殊な点や投影の検索に役立つ作図補助項目であり、2D と 3Dの両方のウィンドウで正確な入力を実現します。 スナップガイドとは異なり、参照線はユーザーが明示的に配置します。参照線は常に「永続的」です。つまり、削除するまで表示されます。 参照線表示をオンまたはオフにする 以下のいずれかを実行してください。 標準ツールバーの切り替えボタンを使用します。 ショートカットを使用して参照線のオンとオフを切り替えます。…

スナップ点

スナップ点は、特定の間隔(ユーザーが指定)で要素上に表示される一時的なホットスポットです。これを使用すると、より正確に新規要素を描画および配置できます。 スナップ点を有効にする 1. 以下のいずれかを実行してください。 標準ツールバーの[スナップガイドと点]切り替えボタンを有効にします。 [スナップガイドと点]ドロップダウンメニューの[スナップ点]をオンにします。 [表示]→[スナップ点]をクリックします。 スナップ点の使用…

3Dウィンドウの編集中の平面

3Dウィンドウを開くと、編集中の平面が自動的に表示され、新しい要素が編集中の平面に配置されます。 既存の要素ホットスポットまたは表面にスナップして要素の入力を開始すると、編集中の平面が自動的にその位置に移動します。 編集中の平面の位置は、いつでも手動で変更できます。 編集中、編集中の平面は自動的に調整されます。例えば、以下の屋根の尾根を移動すると、編集中の平面は自動的にカーソルの移動先の垂直平面になります。 このセクションのトピック 編集平面表示 編集中の平面と3D要素の入力…

吸引

新しい壁、柱、梁、またはオブジェクトタイプの要素(高度寸法を含む)を配置する場合、吸引機能を使用すると、同じフロアのスラブ、屋根、シェルまたはメッシュ上に自動的に新しい要素を直接配置でき、配置先の要素の高度が適用されます。 吸引は、平面図に要素を配置する場合に便利です(3Dウィンドウでは、[表面スナップ]機能で同じ効果を得ることができます。 「 3Dの表面スナップ 」を参照してください。 ) オプションを選択するには、標準ツールバーの吸引コントロールまたは座標パレットのアイコンを使用します。…

マウスの移動制御

ArchiCADのマウスの移動制御は、スナップガイドと参照線の代わりに利用できる編集補助機能です。 「 スナップガイド」および「 参照線」を参照してください。…

座標のロック

キーボードでAlt(Windows)キーまたはOpt(Mac)キーを押しながら、X、Y、AかR/Dのいずれかを押してカーソル座標をロック、すなわち、カーソルの動きを制限することができます。 スナップガイドおよびスナップ点機能が有効な場合: Alt/Opt+Xを押すと、垂直スナップガイドが作成されます。 Alt/Opt+Yを押すと、水平スナップガイドが作成されます。…

相対組み立て法

参照線とスナップガイドに加えて、相対組み立て法も要素の組み立て方向を一定の角度またはオフセットに制限します。相対組み立て法は作図ツールバーから利用できます。 あるいは、制御ボックス内の3番目のボタンからでも利用できます。 注記: 制御ボックスはデフォルトでは表示されません。表示するには、[ウィンドウ]→[パレット]メニューから名前を選択します。 詳細は 制御ボックスを参照してください。 この相対組み立て法については、以下で説明します。 平行固定および垂直固定 角度二分割固定…

既存の要素にスナップ

要素スナップ ArchiCADでは、移動操作時に要素を既存要素にスナップできるため、要素の移動や変形を簡単に実行できます。 [オプション] → [要素スナップ]切り替えコマンドを使用して、要素スナップ機能を有効/無効にすることができます(このコマンドは標準ツールバーからも使用できます)。 要素スナップは、作業中に「E」ショートカットでオン/オフに切り替えることができます。 注記:要素スナップは、グリッドスナップが無効になっている場合のみ使用できます。…

カーソルスナップ範囲

画面上のホットスポットを見つけやすくするために、カーソルは辺と節点に引き付けられます。カーソルが要素に引き付けられる範囲は、[オプション]→[作業環境]→[入力制約とガイド]ダイアログボックスの下にあるセクションでピクセル単位で定義します。 カーソルスナップ範囲は1~9ピクセルに設定できます。3~4ピクセルが快適な設定ですが、ズームレベルが低いときには、意図しない要素に引き付けられてしまうことがあります。ポイント操作に慣れている場合は、1ピクセルに設定すれば拡大する必要がなくなります。…