フライスルーの作成

このダイアログボックスは、[ドキュメント]→[レンダリング]→[フライスルーを作成]から開きます。
[フライスルーの作成]コマンドは、最低1つの平行投影の設定済みセットか、最低2台のカメラによる動画パスが設定されている場合にのみ有効になります。
[フライスルー]ダイアログボックスでは、フライスルーのソースと結果を設定できます。
ソース:下のコントロールを使用して、ソースウィンドウパラメータを指定します。
画像ソースおよびプレビューのウィンドウとして3Dウィンドウを使用する場合、[3Dウィンドウ]ボタンをクリックします。
注記:[ワイヤフレーム]、[陰線処理]、[シェーディング]を選択するには、[表示]→[3 表示設定]のサブメニューを使用します。
画像ソースおよびプレビューのウィンドウとしてレンダリングウィンドウを使用するには、[レンダリングウィンドウ]をクリックします。
注記:レンダリングビットマップ画像を保存するには、このオプションを使用します。
フライスルーのパスを定義します。
平行投影間にアニメーションを作成するには、[設定済み平行投影]をクリックします。
注記:このオプションは、設定済み投影が2以上定義されていない場合、使用できません。
現在のパースパスに沿ってフライスルーアニメーションを作成するには、[カメラパスからのパース]をクリックします。現在のパースペクティブパスの名前が下に表示されます。
注記:このオプションは、2以上のカメラが定義されていない場合、使用できません。
フライスルーの内容を定義します。
[キーフレームのみ]をクリックすると、分割フレームなしでキーフレームを画像表示します。
分割フレームも画像表示するには、[分割フレームと共に]をクリックします。
[全てのフレーム]をクリックすると、現在のパスの全てのアニメーションフレームを画像化します。
画像表示する現在のパスのアニメーションフレームの範囲(最初と最後)を指定するには、[フレーム指定]をクリックします。
注記:デフォルトで表示される番号は、アニメーション全体の最初と最後のフレームです。
[フレームごとにモデルを再構築]:このオプションをチェックした場合、ArchiCADは各フレームの後にプロジェクトを再構築し、再構築モデルから新しいビューを作成します。
注記:プロジェクトに表示がフレームごとに変わるライブラリ部品が含まれる場合、このオプションを使用すると、追加アニメーションエフェクトを作成できます。これは、ライブラリ部品パラメータがフレーム番号ごとに変わるように設定されている場合に実行できます。
[結果]:下のコントロールを使用して、フライスルーの形式を指定します。
このポップアップメニューをクリックすると、ハードディスクに保存する画像のファイル形式を選択できます。
ポップアップフィールドを使用して、カラー解像度を指定します。
[重複線を削除]:保存された画像の重複線を削除するには、このボックスにチェックマークを付けます。
このオプションは以下の場合に使用できます。
3Dエンジンがインターナル(OpenGLではない)
特定のフレームをエクスポートしている(全てのフレームではない)
選択したファイル形式がPMKまたはArchiCAD 2Dライン
スケール調整
圧縮された画像のスケールを修正するには、このボタンをクリックします。
[フレームレート]:フレームレートの値をここに入力します。
[表示]:フライスルーを処理して、画像をハードディスクに保存しないでプレビューするには、このボタンをクリックします。処理結果のアニメーションを後で[保存]をクリックして保存できます。
ヒント:短いフレームシーケンスだけをプレビューするには、[フレーム指定]ラジオボタンオプションを調整して、短いフレームシーケンスをプレビューします。