[プロジェクト設定]ダイアログボックス

このダイアログボックス([オプション]→[プロジェクト設定])には、複数の画面が含まれます。画面間を移動するには、上部のドロップダウンメニューを使用するか、「前へ」および「次へ」矢印を使用します。
ここで行なう設定は、作業中のプロジェクトに固有である、プロジェクトと共に保存される設定です。別のユーザーが自身のコンピュータでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。
このセクションのトピック

サブトピック

寸法

この画面を表示させるには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[寸法]と選択します。 使用できる寸法オプションは、選択する単位(メートルかインペリアル)、および環境設定を設定する寸法タイプによって異なります。 「 寸法」も参照してください。 プロジェクトの寸法標準を選択する [プロジェクト設定]の[寸法]ページで、リストから寸法標準([メートル]など)を選択します。 プロジェクトの寸法標準をすばやく変更するには、[クイックオプション]パレットの寸法ポップアップを使用します。…

計算単位/規則

この画面を表示するには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[計算単位/規則]と選択します。 この画面で 次のウィンドウに表示する単位を設定できます。 計算機能で作成されたリスト 一覧表 また、この画面を使用してリストされたパラメータの値を計算するための追加の規則を設定できます。 「 計算」および「 一覧表」も参照してください。…

ゾーン

この画面を表示させるには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[ゾーン]と選択します。これらのオプションは、ゾーンリストでのゾーンの計算方法を定義します。 ここで行なう設定は、作業中のプロジェクトに固有である、プロジェクトと共に保存される設定です。別のユーザーが自身のコンピュータでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。 [壁のくぼみをゾーンに追加]:このオプションは、大きいドア/窓のくぼみをゾーンの計算時にどのように考慮するかを定義します。…

基準レベル

要素を配置するためにオプション基準レベルを定義できます。これは[基準レベル]([オプション]→[プロジェクト設定]→[基準レベル])で行います。 この設定は全て、座標ボックス、情報ボックス、および全てのダイアログボックスについて有効です。 レベルの名前を選択し、それを希望の名前に変更し、[立面図]フィールドに値を入力する必要があります。この例では、プロパティの一番上を400メートルで定義しています。…

レガシー設定

この画面を表示させるには、[オプション]→[プロジェクト設定]→[レガシー]と選択します。 このオプションは、組み立て要素の様々なタイプの動作に影響します。 ここで行なう設定は、作業中のプロジェクトに固有である、プロジェクトと共に保存される設定です。別のユーザーが自身のコンピュータでプロジェクトを開いた場合、同じ設定が適用されます。 [フロアで表示される以下の要素の線種]:配置フロア以外のフロアやオブジェクトと階段に表示されるスラブとメッシュの輪郭を表示するための線種を選択します。 詳細は、「…