発行を利用してBIMx Hyper-Modelを作成

発行セットの作成
発行のオーガナイザモードを使用して必要な発行セットを作成します。Hyper-modelに含む、レイアウトと3D表示のコンビネーションを整理します。
ユーザーは3D表示コンテンツを最適化して、特定の発行ニーズに合うようにすることができます。例えば、躯体表示や、レイヤーセット、矩形選択を使用して、必要に応じてビューを制限することができます。
3Dビューのグローバルイルミネーションの生成
BIMx Hyper-model で、3D 表示のグローバルイルミネーションレンダリングの選択ができます。その場合には、発行機能の発行セットのリストから3Dビューを選択してください。[オプション]をクリックし、「BIMxエクスポートオプション」というダイアログを開き、グローバルイルミネーションのオプションを表示します。
グローバルイルミネーションを利用すると、よりリアルなモデルができますが、レンダリングに時間を要しますのでご注意ください。グローバルイルミネーションによりメモリ消費が増加しますので注意してください。そのため、モデルのサイズによっては失敗する可能性があります。
カメラパスのギャラリーオプション
発行セットの中にカメラパスがある場合(上のスクリーンショットのように)、BIMx エクスポートオプションはギャラリーオプションを含みます。
発行プロパティの設定
Hyper-modelをどのように発行するか、発行プロパティ設定で: BIMx Hyper-modelをアップロードまたは、保存を選択してください。
パブリックドメインまたはプライベートフォルダのどちらにアップロードするかを選択してください。プライベートフォルダを選択した場合、ファイルをパスワードで保護できるオプションがあります。
必要に応じて、Hyper-modelファイルの名前を変更してください。
注記: Hyper-modelはArchiCADのプロジェクト情報とプロジェクトプレビューデータを含みます。
[ローカルにコピーを保存] を選択し、出力先を設定することもできます。BIMxモデル送信サイトにアップロードするだけでなく、Hyper-modelファイルのコピーをローカルに保存することもできます。
保存はHyper-modelを[出力先の選択]で設定されたパスに保存します。
BIMx Hyper-model形式のファイルが必要な場合は、[単一ファイルを作成]オプションを選択してください。
[情報セット]ポップアップを使用して、モバイル機器のBIMxモデルのビューワーで使用するモデル要素情報を制御します。
[BIMx 発行情報]オプションは、この名前の連動する要素一覧表で定義されたデータを使用します。この一覧表は出荷時デフォルトのArchiCADテンプレートで提供されますが、必要に応じて一覧表設定を自由に変更したり、別の一覧表を選択したりすることができます。
[タグとカテゴリ]オプションは、その要素設定の[タグとカテゴリ]パネルで各要素に対して定義されたデータを使用します。
[旧式]オプションは、以前のバージョンのBIMxと同じ基本要素データを提供します。
受信者に要素情報を表示しない場合は(例えば、受信者がモデル形状を全体として見るだけで、各種構成要素の詳細は必要としない場合など)、[なし]を選択します。
出力先パスを入力します。
ファイル形式でBIMx Hyper-modelを選択。
発行プロセス
発行機能で、使用する発行セットを選択し、[発行]ボタンをクリックします。
発行機能のダイアログボックスが表示されます。
BIMx Hyper-modelをBIMxモデル送信サイトにアップロードすると、BIMxアップローダが表示されアップロードの状況を確認できます。このダイアログボックスを使用して、アップロードを停止するか、プロセスをやり直せます。
注記:発行処理全体を中断することなく、グローバルイルミネーションの計算をキャンセルできます。キャンセルするには、[発行機能]ダイアログボックスで3D表示を選択します。小さな赤いXマークをクリックすると、グローバルイルミネーションの計算がキャンセルされます。ただし、3D表示は、グローバルイルミネーションなしでHyper-modelに保存されます。
プロセスに何らかの問題が発生した場合は、その問題が通知されます。詳細をクリックして詳しい情報を表示します。