手動描画要素を基にしたカスタム階段

線、円弧、および塗りつぶしツールを使って手動で描画した要素のセットから、カスタム階段を作成します。[デザイン]→[選択内容を使用して階段を作成]コマンドを選択すると、StairMakerアドオンが起動し、カスタム作成する形状の必要なオプションと詳細を追加できます。
[選択内容を使用して階段を作成]ツール([デザイン]メニュー)により、ArchiCADの2D描画ツールでデザインした階段の輪郭線から、カスタムの階段を作成できます。
標準階段タイプは、一定の形状データで機能します。一般的な階段の形状がほとんど含まれている定義済みのテンプレートに、希望する階段タイプが見つからない場合、ArchiCADプロジェクトでの独自の階段の形状を定義できます。
1.
塗りつぶしツールを使って、階段の正確な輪郭を描きます。階段を定義する塗りつぶし部分には空白があってはなりません。
2.
塗りつぶしたポリゴンの内側に、線と円孤をつないで動線を定義します。動線は正しく接続する必要があります。つまり、互いに交差したり、塗りつぶし部分の側面を横切ったりすることはできません。線は途中で途切れることがあってはいけません。階段の開始端から円弧と直線を描き始め、動線の適切な方向を定義します。
注記:動線の終点は、塗りつぶしたポリゴンの側面に正確に合わせる要がありますが、塗りつぶしたポリゴンの隣接する辺や節点を接続することはできません。動線内のコーナーが踊り場を定義します。2つの動線が接線方向に接続されていない場合は、踊り場が定義されます。
3.
塗りつぶしポリゴンと全ての動線を選択します。
          
4.
[デザイン]→[選択内容を使用して階段を作成]コマンドを選択して、この平面図シンボルを階段オブジェクトに変換します。
5.
[階段タイプ選択]ダイアログボックスが表示されます。StairMakerでは自動的にドラフトに使用可能な階段タイプを見つけます。定義済みの階段タイプでスケッチに合うものがない場合にだけ、カスタム階段を定義できます。
注記:定義した形状をStairMakerが解釈できない時は、その理由を説明する警告メッセージが表示されます。階段の定義のルールに従って必要な変更を行い、再度試みてください。
6.
必要な階段タイプを選択し、[OK]ボタンをクリックします。StairMakerの階段編集ウィンドウが表示されます。カスタム階段の場合、一部の基本形状パラメータは使用できず、フロアの高さはデフォルトでロックされています。
さらに次のカスタマイズを行うことができます。
階段形状パラメータ
踏み面の数
傾斜角度(蹴上げと踏み面のパラメータ)
完了後、[OK]ボタンをクリックすると、自動的に階段が作成されて、ライブラリマネージャーの埋め込みオブジェクトフォルダに保存されます。
名前を付けて階段を保存すると、平面図に新しい階段が表示されます。これは3Dでも表示できます。元の2D要素は自動的には削除されません。