屋根または屋根穴の辺をカスタマイズする

屋根の辺/屋根の穴の辺の材質/角度をカスタマイズすることができます。カスタマイズする材質/角度のオプションを設定したら、これらをクリックした辺にのみ、クリックしたポリゴン(穴)の全ての辺、または屋根の全ての辺に適用できます。
1.
屋根を選択します。
2.
屋根の輪郭線(基準線ではない)をクリックしてペットパレットを表示します。
3.
[辺のカスタム設定]アイコンを選択して、ダイアログボックスを開きます。
カスタム屋根の勾配
[角度]:屋根辺の角度(垂直、水平、直角、カスタム)を選択します。カスタムを選択した場合は、右のフィールドに目的の角度の値を入力します。
注記:水平辺角度を設定できるのは、平坦でない屋根で選択した辺が基準線に平行である場合のみです。
注記:選択した2つの単一平面屋根の共通の接合部である辺をクリックすると、さらに「留め継ぎ」オプションも使用できるようになります。これを選択して、選択した屋根辺に沿った留め継ぎ接合を作成します。
ここでデフォルトの屋根の辺角度(屋根の設定で指定)とは異なる辺角度を適用すると、屋根の設定の[形状と位置]パネルには、カスタム辺角度が適用されたことが示されます。
ダイアログボックスを開いたまま、後から屋根の設定で辺角度の設定を変更すると、黄色のパッチ(「カスタム辺」を提示)は赤色のシャドウになります。これは、屋根の辺角度が変更されることを意味します。この変更をカスタム角度の辺にも適用するかどうかを設定します。適用する場合は、屋根設定の一番下にあるボックス([変更をカスタム平面/辺にも適用])を選択します。このボックスを選択しない場合は、カスタム辺角度は以前の設定のままで変更されません。
カスタム屋根の辺材質
注記:デフォルトでは、屋根辺に適用される表面の材質は屋根に割り当てられたビルディングマテリアルから取得されます。屋根の設定の[モデル]パネルでコントロールを使用して、屋根の全ての辺材質を上書きできます。[辺のカスタム設定]では、1つまたは複数の屋根辺の材質を詳細にカスタマイズできます。
[材質]:[材質上書き]ボタンをクリックして、屋根辺のカスタム材質を選択します。
ここで屋根の設定の[モデル]パネル(またはビルディングマテリアル)で定義した辺材質とは異なる材質を辺に適用すると、[モデル]パネルには、カスタム辺材質が適用されたことが(黄色のパッチにより)示されます。
ダイアログボックスを開いたまま、屋根の設定で屋根の辺材質を上書きすると、黄色のパッチ(「カスタム辺」を提示)は赤色のシャドウになります。これは、屋根の全般的な辺の設定が変更されることを意味します。カスタム辺を含めてこの変更を全ての辺に適用するかどうかを設定します。
適用する場合は、屋根設定の一番下にあるボックス([変更をカスタム平面/辺にも適用])を選択します。このボックスをオンにしない場合は、カスタム辺材質は以前の設定のままで変更されません。
カスタム屋根の辺タイプ
[辺タイプ]:屋根辺のタイプを選択します(オプション)。
ここで定義する屋根辺のタイプは、ArchiCADの全てのリスト機能でパラメータとして使用できます。例えば、「軒長さ」と「破風長さ」をパラメータとして、プロジェクトの屋根をリストする一覧表に追加できます。
変更の適用
[変更を適用]:必要なオプションを設定したら、変更を適用する辺を選択します。
[クリックした辺]は、下で選択するオプション(角度、材質、辺タイプ)を、ペットパレットを開いたときにクリックした辺にのみ適用します。
[選択ポリゴン]は、選択したオプションを屋根のエッジまたは穴のエッジ(選択したいずれかのエッジ)にのみ適用します。
[全ての辺]は、選択したオプションを屋根の全てのエッジおよび穴の全てのエッジに適用します。
[OK]をクリックして変更を適用します。