モルフについて

モルフツールはArchiCADに完全に統合されており、通常のロジックやインターフェイスで利用できます。他の組み立て要素と同様に、モルフの基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。
モルフとその他の要素との優先度に応じた接続が可能です。
ただし、モルフには他のArchiCAD構造化ツールにはない機能も用意されています。
モルフの形状とサブ要素
従来の組み立て要素に比べて、モルフでは形状に関する制限がほぼありません。全ての辺と面を任意の方向に移動および形状変更できるため、プロジェクト固有の状況に合わせて最適な要素を作成できます。
モルフは、1つまたは複数のサブ要素で構成されます。これらのサブ要素には面や辺を含めることができます。全てのモルフに対して、要素全体の編集、一部のサブ要素の個別編集、およびこれらを組み合わせた編集が可能です。新しい選択ロジックを利用して、サブ要素を編集できます。
モルフの作成
従来の入力方法に加えて、[選択内容をモルフに変換]コマンドを使用して、既存要素から単一の新規モルフを簡単に作成できます。
モルフの作成ではマジックワンドは特に便利であり、任意の表面(メッシュなど)をタップしてモルフを作成できます。
他の組み立て要素とは異なり、2D モルフ形状を3Dウィンドウで作成できます(線と面)。これはスケッチやドキュメント作成の用途に利用できます。
モルフの設定
モルフの設定では、デフォルトの高度以外には、数値の形状パラメータはありません。
平面図と断面図のコントロールは、シェルツールに類似しています。デフォルトでは、モルフ(およびシェル)は実際の3D投影モードで平面図に表示されます。
[選択したモルフの設定]は、モルフ全体を選択するか、複数のサブ要素(面、辺など)を選択するかに応じて異なります。サブ要素を選択した場合、[モデル]パネルのみを使用でき、選択した辺、面、またはそれらの組み合わせに応じて、対応するコントロールのみを使用できます。
グラフィック編集
モルフの作成と編集は、3Dウィンドウで直観的に実行できます。グラフィカルインターフェイスには、従来の表示方法と対話形式が採用されており、辺の選択、点や面、またはサブ要素の組み合わせのグラブにより、ペットパレットのヘルプとリアルタイムフィードバックを使用してモルフを修正できます。3D ウィンドウでモルフの隅切りと面取りを行う場合、一部または全ての辺/角に適用できます。
モルフは(シェルと同様に)3D ウィンドウの任意の平面に入力でき、多くの編集操作を実行できます。編集中の平面を切り替えることもできるため、いくつかの制約があります。
モルフ用のソリッド編集コマンドも個別に用意されています。関連性を作成するソリッド編集とは異なり、ソリッドモルフ編集は相互作用しません。編集の最終結果は永続的です。
[デザイン]→[接続]→[要素の結合]コマンドを使用してモルフを結合した場合、モルフをその他の要素との優先度に応じた接続に組み込むことができます。
モルフのスムージング
モルフ表面は面により定義され、モルフを編集すると、その多くの辺に自動的にスムージングが適用されて曲面が作成されます。さらに、一部のコマンドでは、ワンクリックでサブ要素のスムージングや分割を実行してモルフを変換できます。また、一部のスムージング設定を制御することもできます。これらのコマンドとコントロールを以下に示します。
面をスムーズ/結合
辺を曲げる/結合
分割を修正
ハード/ソフトの辺:情報ボックスまたはモルフの設定から使用できます。辺を個別に「ハード」または「ソフト」にリセットできます。デフォルト設定はハードです。辺を「ソフト」にリセットすると、隣接する面は単一の柔軟な面に結合されたような動作になります。ソフトの辺は内部のサブ要素であり、セグメント化された面を分割します。このような面は、(OpenGLおよびレンダリングにおいて)滑らかな曲面として表示されます。
モルフ面のテクスチャマッピング
他の3D要素と同様に、テクスチャを含む材質を適用した場合、[3Dテクスチャを調整]コマンドを使用して、テクスチャパターンの原点と回転を微調整できます。モルフでは、これらのオプションを面ごとに個別に使用することもできます。