モルフ

モルフツールを使用すると、ArchiCADで要素を自由な形状で作成できるため、他のプログラムから特殊な形状をインポートする必要がありません。
このセクションのトピック

サブトピック

モルフについて

モルフツールはArchiCADに完全に統合されており、通常のロジックやインターフェイスで利用できます。他の組み立て要素と同様に、モルフの基本的な構造はビルディングマテリアルから取得されます。 モルフとその他の要素との優先度に応じた接続が可能です。 「 要素の交差」および「 要素の結合:屋根、シェル、モルフ」を参照してください。 ただし、モルフには他のArchiCAD構造化ツールにはない機能も用意されています。 モルフの形状とサブ要素…

モルフの選択

モルフは複数のサブ要素(面と辺)から構成されます。 モルフ全体の選択 モルフ要素全体(サブ要素を含む)を選択するには、モルフの任意の部分をクリックします。 選択したモルフには、高度値を表す単一のホットスポットのみが表示されます。 選択したモルフを構成するサブ要素を確認するには、情報タグをオンにします。 領域選択ではモルフ全体が選択されます。 モルフのサブ要素の選択…

2Dモルフの作成

ツールボックスからモルフツールを選択し、情報ボックスから図形作成法を選択します。 以下の方法を使用して、平面図または3Dウィンドウに2D直線、ポリライン、曲線、および閉じたポリゴンを作成します。 ポリゴン 矩形および自由回転矩形 曲線 - 中心点と半径 曲線 - 円周 これらの図形作成法の入力プロセスは、ArchiCADの2D図面ツールと同じです。    …

ボックスモルフの作成

モルフツールを有効にして、ボックス図形作成法を選択します。 3Dウィンドウの場合: 1. 入力平面を選択します。クリックしてデフォルトの平面を選択するか、既存要素に基づいて、または編集中の平面コントロールを使用して別の入力平面を選択します。 「 編集中の平面の位置変更」を参照してください。 「何もない空間」をクリックすると、デフォルトの入力平面は[モルフのデフォルト設定]で定義された基準高さになります。 2…

回転モルフの作成

回転法を使用して、モルフの断面形状を定義し(デフォルトの形状または手描きの断面形状)、軸を中心にして断面形状を回転させてモルフを作成します。 モルフツールを有効にして、回転図形作成法を選択します。 平面図または断面図の場合: 1. 通常のポリゴン入力方法を使用して、ポリラインまたは閉じたポリゴンでモルフ断面形状を描画します(生成されるモルフの面の数は、ポリゴンの辺の数と同じです)。 注記:マジックワンドを使用すると、閉じたポリゴンを断面形状として、なぞって描画できます。 2…

既存要素からのモルフの作成

選択内容をモルフに変換 [選択内容をモルフに変換]コマンドを使用すると、選択した要素から複数のモルフを作成できます。選択した各要素が個別のモルフになります。 1. 任意のモデルウィンドウで、モルフに変更する要素を選択します。 2. [デザイン]→[選択内容をモルフに変換]を使用します。 3. 選択された要素で3D形状を持つものは、モルフに変換されます。 例:GDLオブジェクトをモルフに変換…

基本的なモルフ編集

モルフツールを使用して作業する場合、一般的には標準形状を配置してから、グラフィカルな編集操作により最終的な形状を作成します。 モルフ全体を選択するか、モルフのサブ要素の1つを選択します。 1つのサブ要素(面または辺)を使用すると、モルフをグラフィカルに編集できます。面または辺を移動すると、それに応じてその接続面および接続辺が全て移動します。…

モルフの変換に便利なコマンド

モルフを必要な形状に編集するときには、以下のコマンドを使用してみてください。 面をスムーズ/結合 モルフ面を交差(モルフ内に辺を生成) 辺を曲げる/結合 モルフ面の結合による滑らかな編集効果:「ソフト」辺の使用 モルフのボックスストレッチ 面で覆う

モルフのブール演算

[デザイン]→[モルフを修正](または選択したモルフのコンテキストメニュー)から、以下の3つのブール演算を使用できます。 結合 減算 交差 注記:モルフとその他の要素との優先度に応じた接続も可能です。交差部(接合部)の組み立て要素(モルフを含む)における動作の詳細: 「 要素の交差」および「 要素の結合:屋根、シェル、モルフ」を参照してください。    …

モルフテクスチャマッピングおよび配置

テクスチャマッピング モルフにテクスチャを含む材質を使用する場合、モルフ表面でのテクスチャの表示方法を制御できます。 テクスチャマッピング定義(ボックスまたは平面)は、[選択したモルフの設定]の[モデル]パネルに表示されます。 ボックスマッピング:デフォルト設定です。このオプションを選択できるのは、モルフ全体を選択した場合のみです(下記の「ボックスマッピング」を参照)。…

モデリングエラーの修正:モルフの確認とソリッド化

モルフの操作では、ワークフローが柔軟であり、多数の編集オプションを使用できるため、間違って「ソリッド」以外のモルフ(空洞)を作成してしまう可能性があります。複雑なモデルを表示している場合、非ソリッドエラーを確認することは困難です。 以下の点を除いては、これは問題にはなりません。 リストでモルフ体積を計算する場合、非ソリッドモルフの体積はゼロになります。 切断塗りつぶしを割り当てることができるのはソリッドモルフのみです。断面図の非ソリッドモルフは塗りつぶしなしで表示されます。…