天窓

天窓はドアと窓に似ています。専用の天窓ツールを使用すると、屋根とシェルに適切に配置することができます。
屋根/シェルの表面に天窓を配置すると、自動的に親要素に挿入されます。天窓を屋根に配置すると、正確な屋根勾配角度に合わせて調整されます。
天窓の設定の各パネルは、窓/ドア、オブジェクト、ランプの各ツールのパネルに似ています。
天窓の平面図表示
ArchiCAD 15以降の天窓の平面図表示は、シンボル描画ではなく、3D投影に基づいています。
例外:以前のバージョンのプロジェクトと一緒にArchiCAD 15以降に移行された天窓は、平面図表示ではデフォルトで「シンボル」属性を使用して表示されます。
天窓は、ホストの屋根/シェルの平面図表示の設定([フロア表示]など)を使用して表示されます。
ペンと線種は、ドア/窓と同様に、天窓の設定の[平面図と断面図]パネルで設定します。
[モデル表示オプション](組み立て要素オプション)には、天窓用の各種オプションが用意されています。これらはドア/窓のオプションと似ています。
このセクションのトピック

サブトピック

天窓の配置と移動

天窓は、平面図または3Dビューで屋根/シェルに挿入できます。 天窓ツールを選択し、屋根またはシェルの上をクリックして天窓を配置します。これは天窓の情報ボックスで定義した配置基準点によって配置されます。                  …

屋根を基準とした天窓の条件

この機能は屋根の天窓にのみ適用できます(シェルの天窓には適用できません)。 天窓を含む屋根の形状を変更すると、天窓は新しい形状に合わせて自動的に調整されますが、変更した屋根平面で天窓の位置を固定する方法を以下のいずれかから選択する必要があります。 水平(天窓は平面図の位置を保持します) 垂直(天窓は平面図の位置に関係なく、垂直高度を保持します) 屋根の設定または情報ボックスから、この[屋根の条件]設定を変更します。…