抱きの固定

ドア/窓の抱きを壁面または壁躯体(複数の躯体が存在する場合は最も近くの躯体)に固定します。この説明は、躯体を持つ複合壁使用時に当てはまります。
以下の場合に、開口部を壁の躯体に固定することができます。
壁の複合構造(断熱材の厚さなど)を後から変更する場合。抱きの厚みは、壁の躯体を基準として自動的に調整されて、窓の距離が保持されます。
開口部を複数の類似した複合構造壁(レンガの仕上げや壁土など、仕上げのみが異なる壁)に配置する場合。開口部の位置は調整されるため、抱きの厚みを調整する必要はありません。
注記:配置した開口部の抱きが壁の躯体に固定されている場合は、躯体がなくなるよう複合構造壁を変更します。そうすると抱き位置は「壁面」になり、抱きの厚みは開口部を元の位置に維持するよう自動的に再計算されます。