BIMコンポーネント

オブジェクトや材質のアップロード、評価、コメントの付加を行うには、最初に有効なメールアドレスを使用して登録する必要があります。ArchiCADユーザーでなくても、BIMコンポーネントにアクセスしてオブジェクトをアップロードできます。
BIMコンポーネントで実行できる操作
検索:ArchiCADオブジェクト/材質の設定と同様のインターフェイスを使用して、特定のオブジェクトを検索できます。
オブジェクト/材質は、プレビュー画像、説明、およびGDL WebControlプラグインに基づいたインタラクティブな3Dプレビューを使用して表示され、オブジェクトの回転やパラメータの編集が可能です。
参照:必要に応じて、「タグクラウド」(ワードクラウド)を使用して、最も人気のある項目を参照できます。
登録:手続きは簡単です。メールアドレスまたは既存のGRAPHISOFT IDを入力するだけです。登録完了後、登録番号が送信されます。これはArchiCADのオブジェクト/材質を共有する場合に必要になります。
共有:個々のGDLオブジェクトとLCF(ライブラリコンテナ)ファイルの両方、および材質属性を共有できます(オブジェクトファミリー全体を即座に共有する場合は、LCFを使用します)。共有プロセスの一環として、言語テンプレートを選択して属性セットを指定することで、他のユーザーの環境に関係なく、一貫したオブジェクトの動作を保証することができます。
参加:他のユーザーが最適な項目を見つけやすくなるように、あるいは、開発者が高品質のコンテンツを作成できるように、項目に対してコメントの付加や評価を行います。