ArchiCADのモデルビューについて

各モデルビューには同じバーチャルビルディングが異なる方法で表示されます。
3Dパースでは、バーチャルビルディングが実際に建設された時のように表示されます。
平面図では、バーチャルビルディングは2次元の図面として表示されます。
断面/立面/展開図ウィンドウでは、3Dモデルから要素が生成されます。大多数のタイプの新しいモデル要素を作成することはできませんが、要素の表示と修正は可能です。また、これらのウィンドウでも新しいモルフとカーテンウォールは作成できます。
3D ドキュメントは3Dウィンドウまたは平面図から生成されますが、注釈と寸法が使用できる2D形式のドキュメントで、複合構造の断面図も3D形式で表示できます。
一覧表として知られるモデルウィンドウでは、バーチャルビルディングは一覧と図面で表現されます。一覧表で入力を行うとバーチャルビルディングが変更され、設計図書として出力できます。
モデルの各部分を作業するときには、「ビューポイント」上で作業をしていることになります。各部分を移動して、ビューとして保存できます。
使用可能なコマンドと機能は、有効になっているウィンドウによって異なります。