3Dドキュメントウィンドウでの線形寸法

3D ドキュメントウィンドウでは、必要に応じて線形寸法ツールを使用して寸法を配置します。円弧長さ以外の、全ての線形寸法のオプションが使用可能です。
2Dウィンドウと同様に、オプションを[X-Yのみ]に制限したり、[全ての方向]を使って、最初にクリックした2つの点に平行に線を配置できます。
また、2Dウィンドウと同様に、[全ての方向]オプションでは、三つ又 + 平行寸法カーソルで他の線/辺をクリックして、寸法線を固定できます。
3Dドキュメントウィンドウでのみ、寸法線を配置する平面を制約できます。(下記を参照してください)。
3Dドキュメントウィンドウで寸法平面を選択
3Dドキュメントウィンドウで、制約された平面を線形寸法に対して選択するには、線形寸法ツール情報ボックスのオプションから選択します。
水平面
垂直面
全ての平面
デフォルトは、最も自由度の高い[全ての面]オプションです。
例えば、3D ドキュメントで屋根の幅の寸法設定を行うとします。
線形寸法ツールを起動します。情報ボックスで、[全ての方向]オプションに加えて、[全ての面]図形作成法を選択します。
通常どおり、屋根の両端をクリックし、次にダブルクリックします。
次に、寸法を測定したい平面を選択します。これを行うには、カーソルを屋根平面の上に移動します。フィードバックにより、寸法平面の方向が示されます。クリックして目的の平面を指定します。
カーソルは、この定義済みの平面でのみ動きます。もう一度クリックして、目的の位置に寸法線を配置します。
寸法平面のオフセット
3Dドキュメントウィンドウで配置した寸法線は、現在の平面内でオフセットできます。このオプションは、3Dドキュメント内の寸法にのみ使用可能です。
また、ペットパレットから通常の寸法線編集オプションを使用できます(寸法点の挿入/結合、寸法線の移動または整列)。