改訂管理

ArchiCADプロジェクトを進める過程において、さまざまな場面でいくつものレイアウトのセットを作成することがあります。作成した各バージョン間でモデルは異なり、レイアウトも異なります。改訂管理を使用することで、変更やレイアウトの改訂、バージョンの経過状況を把握することができます。

サブトピック

改訂管理のワークフロー

下図と概要説明により、改訂管理のワークフローについて説明します。改訂管理のワークフローではレイアウトの改訂を自動化するArchiCADの機能が活用されています。この自動処理を使用するには、モデル要素に関連付けられた変更を配置する必要があります。これにより、変更による影響があった全てのレイアウトに自動的に新規の改訂番号が付与されます。 ワークフローのフェーズ 最初のバージョン 最初のバージョンを作成。通常、プロジェクト内の全てのレイアウトが含まれます。 バージョンを閉じ、…

変更の操作

変更を作成して、プロジェクト内の変更をマークし表示を行います。 変更ツールを使用してプロジェクトの変更を行うことができます。あるいは、変更マネージャを使用して、変更やリスト表示を行うことができます。 変更の影響を受けた全てのレイアウトで変更点がArchiCADで自動的に検出されるようにする場合、変更を1つ以上の要素または変更マーカー(変更ツールを使用して配置)にリンクする必要があります。 上記の機能について、次に説明します。 変更マネージャパレット 変更を作成 変更要素のリンク/リンク解除…

レイアウト改訂へのフィードバック

重要:フィードバックは、レイアウト上の図面が最新である場合にのみ、最新のものが反映されます! 青色のレイアウト レイアウト名は、現在の改訂が発行済みでない場合、青色で表示されます。 これには下記の場合があります。 レイアウトが、以前、一度も発行されていない(新規のレイアウト)。 レイアウトに、最後の発行以降の新規の変更が含まれている。 レイアウト名は、下記の場所で青色でリスト表示されることがあります。 ナビゲータ バージョン記録…

レイアウト上およびレイアウト設定内の改訂記録データ

それぞれのレイアウトは、改訂記録を表示することができます。 これはGDLオブジェクトで、デフォルトではマスタレイアウトに配置されます(ArchiCAD のライブラリ内のグラフィックシンボルフォルダで使用可能です)。内容とスタイルをカスタマイズするには、オブジェクト設定を使用します。 定義済みの2種類のスタイル(簡略および詳細)があることに注意してください。…

改訂ID

デフォルトでは、(最後にバージョンが閉じられてから作成された)新規の変更の影響を受けるレイアウトはすべて、自動的に新規の改訂IDを取得します。改訂IDは[レイアウト設定]の[改訂記録]パネルや、ナビゲータ、およびレイアウトの改訂記録スタンプ内に表示されます。 現在のバージョンにレイアウト改訂の番号づけのロジックを定義するには、[新規のバージョン]または[バージョンの詳細]ダイアログボックスを使用します。この機能は、2つのチェックボックスによってコントロールできます。…

バージョン管理

バージョンを新規作成 バージョンの詳細 バージョンでの変更マーカーの表示または非表示 現在のバージョンに追加 現在のバージョンからレイアウトを削除する バージョンを閉じる バージョンを閉じた後の動作 前回のバージョンを再開 バージョンを削除 バージョンとは、特定の時刻に発行されたレイアウトのセットです。 通常、バージョンは、必要なレイアウトセットが完成したと考えられる場合に作成されます。 バージョンの作成と管理を行うには、[レイアウトブック設定]の[バージョン記録]パネルを使用します。…

変更リストおよびバージョン記録

改訂関連情報を簡単にリスト表示するには、事前定義された2種類のプロジェクトインデックスを利用します。 変更リスト プロジェクトインデックスは、特定のプロジェクト内の全ての変更をリスト表示します。[インデックス設定]内の条件とフィールドパラメータを使用して、必要なデータを正確にリスト表示できます。 バージョン記録…

発行機能を使った改訂

バージョンを作成しレイアウト改訂を使用すると、下記のナビゲータの発行モードによる自動フィードバック機能により、発行セットを定義することができます。 現在のバージョンのレイアウト 発行セットの中では、現在のバージョンの中にある全てのレイアウトが緑色で表示されます。 緑色で表示されたレイアウトのみを発行するには、[現在のバージョンのレイアウト]発行オプションを使用します。これにより、現在のバージョンに属する有効な発行セットの全てのレイアウトが発行されます。…

外部ファイルに由来する変更

モデルの中に(ArchiCADビュー/レイアウト経由で)外部図面やホットリンクモジュールを配置した際、取得ファイルには変更データが含まれている場合があります。 ホットリンクファイルや外部ビュー内の変更は、ホストファイルに配置され、ホストファイルの変更マネージャに追加されます。以下に注意してください。 外部ファイルに由来する変更にはロックアイコンが表示され、詳細を編集することはできません。 ホットリンクファイル内のアーカイブ済みの変更は、ホストプロジェクトには追加されません。…