モデルビューの図面

図面は、プロジェクトに配置されたArchiCADビューおよび外部ファイルです。
図面は2Dモデルビューまたはレイアウトのいずれかに配置できます。
モデルビューに配置される図面は外部ファイル(DWG、PDF、および画像ファイルなど)です。これらにArchiCADビューを含めることはできません。
ただし、レイアウトに配置される図面には、ArchiCADビュー(現在のプロジェクトファイルおよびその他のプロジェクトファイル)、およびArchiCADで利用可能なその他の全ての外部ファイルを含めることができます。
図面は3Dウィンドウやスケジュール表示を除く全てのモデルビューに配置できます。モデルへの図面の配置は、例えば、メーカーから標準的な屋根構造の詳細図をPDF形式で受け取った場合などに役立ちます。このPDF文書を図面として詳細図ウィンドウに配置し、必要に応じて変更やマークアップを加えて、レイアウトに変更済み詳細図として配置できます。
同様に、外部のDWGファイルをベクトル図面のモデルに図面として配置できます。この方法を使用すると、DWGファイルをXREFとして添付するよりも単純にArchiCADでDWGファイルにアクセスできます。
DWG、DXF、またはDWFファイルをArchiCAD図面として配置する場合、ソースファイルのレイヤーに基づいて図面の内容の表示/非表示を選択できます。
モデルビューの図面ツールを使用して配置する画像は、画像ツールを使用して配置する画像よりも優れている場合があります。これは、この図面にソースファイルの情報が保持されており、更新が可能であるためです。図面のサイズ、タイトル、およびフレームオプションはカスタマイズできます(画像にはこのような機能はありません)。
モデルビューに配置される図面は(レイアウト上に配置される図面とは対照的に)、スケールに依存しません。
図面ツールを使用すると、プロジェクトへの図面の配置、図面の設定へのアクセスとその定義を行うことができます。
モデルウィンドウへの図面の配置
モデルウィンドウに図面を配置するには、次の手順に従います。
1.
図面ツールを起動します。
2.
図面を配置するモデルウィンドウ内でクリックします。
3.
[リンク先]ダイアログボックスが開きます。必要なファイルを選択して、[開く]をクリックします。
注記:複数のページを持つPDF文書をインポートする場合は、ダイアログボックスで配置するページを選択するように要求されます。
4.
図面は図面の設定(デフォルトで図面の中央)で選択された配置基準点の近辺に配置されます。
また、[ファイル]→[外部参照]→[外部図面を配置]コマンドを使用して、[図面を配置]ダイアログボックスを使用することもできます。
配置した図面の設定は、[図面の設定]で変更できます。
モデルビューに配置された図面は、図面マネージャに一覧表示され、レイアウト上に配置された図面と同様に更新および管理できます。
図面の削除
図面を削除する場合は、ArchiCADの他の要素と同様に選択して削除します。現在のウィンドウと削除した図面を含むウィンドウが同じタイプ(平面図またはレイアウトウィンドウ)の場合のみ、図面の削除を元に戻せます。