レイアウトブック

各ArchiCADプロジェクトファイルには、レイアウトブックが含まれています。内容は、ナビゲータまたはオーガナイザパレット上のレイアウトブックマップ内にツリー構造で表示されます。
プロジェクトのレイアウトブックにアクセスするには、ナビゲータまたはオーガナイザ内の[レイアウトブック]をクリックします。
レイアウトブックでは、レイアウトをグループ(フォルダによって表示)に整理することができます。全てのレイアウトは、そのサイズや他の属性を定義するマスタレイアウトと関連しています。これは、会社のロゴの挿入などの作業を自動化するために役立ちます。
レイアウトブックビューの形式
レイアウトブックは下記の3つの形式で表示することができます。
グループ別階層(デフォルト表示)では、作成したグループ(自由に定義したロジック)に従ってレイアウトがリストされます(グループの主機能を使用すると、カスタマイズした番号システムを割り当てることができます)。階層には、それぞれのレイアウトに属する図面名称も表示されます。
[現在のバージョン別階層]では、最新のバージョンに追加されたレイアウトのみがリストされます。
レイアウトブック項目の移動
ドラッグ&ドロップ手法を使用して要素を整列し並べ替えることにより、以下の操作を実行できます。
階層グループの作成
グループ間でのレイアウトの移動
レイアウトへのマスタレイアウトの適用
レイアウト間での図面の移動
注記:この場合、レイアウト原点から図面の中心までの距離の比率は変わりません。
レイアウトブックの要素を編集するときには、どの要素を操作しているかがナビゲータまたはオーガナイザパレットで追跡管理されます。
ナビゲータ内で選択した要素は強調表示されます。
レイアウトウィンドウに移って作業すると、強調表示が枠に変わります。
重要:ナビゲータ/オーガナイザ項目を含む操作(ナビゲータ一覧間のドラッグ&ドロップ、一覧からの項目の削除、または発行セットへの項目の追加など)は、取り消しキャッシュには追加されず、実行を取り消しすることはできません。
レイアウトブック項目の設定とコマンド
レイアウトブックの項目に関する設定や関連コマンドにアクセスするには、次の手順を行います。
オーガナイザまたはナビゲータパレットで選択した後、[プロパティ]セクションの下部にある[設定]ボタンをクリックします。
選択したレイアウトブック項目のコンテキストメニュー
ナビゲータ/オーガナイザのコマンドボタン。レイアウトブック(レイアウトブック、グループ、レイアウト、図面、またはマスタレイアウト)で選択した項目にしたがって、有効またはグレー表示になっています。
新規レイアウト
新規マスタレイアウト
新規グループ
更新: 選択した図面(または選択したレイアウトの図面)のステータスを更新します。
選択された要素を削除
[ドキュメント]→[レイアウトブック]メニュー
注記:プロジェクトインデックス機能を使用しても、プロジェクト内のレイアウトや図面の概要表示や、条件別のソートを実行できます。
レイアウトブックのプロパティ
レイアウトブック内の項目(レイアウトブック、グループ、レイアウト、マスタレイアウト、図面、またはフォルダ)を選択すると、下のプロパティセクションにプロパティが表示されます。
プロジェクト名とパスが読み取り専用フィールドに表示されます。
グループ特性には、グループIDとグループ名が含まれます。これらのプロパティは、編集可能です。
レイアウトプロパティには、下記のものが含まれます。
レイアウトIDおよびレイアウト名。これらのプロパティは、編集可能です。
レイアウトに割り当てられたマスタレイアウト。必要に応じて、リストから別のマスタレイアウトを選択して割り当てます。
レイアウトのサイズ。
レイアウトの最新のレイアウト改訂番号および属しているバージョン名(存在する場合)。
図面の特性には、下記のものが含まれます。
図面IDおよび図面名。これらのプロパティは、編集可能です。
図面ソースのパス
図面スケールおよび 図面サイズ
ナビゲータパレットの下部のアイコン

サブトピック

レイアウトフェーズのための作業環境

ArchiCADでは、作業環境をプロジェクトフェーズに必要な作業および能力に合わせることができます。作業環境プロファイル([レイアウト])を選択して、レイアウトブック作成に必要な機能だけを表示できます。 レイアウトウィンドウが有効な場合、関連メニューコマンドとツールだけが使用できます。 ArchiCAD 9ユーザーに対する注記: ArchiCAD 9には、レイアウト処理と文書化を行うスタンドアロンのアプリケーションとしてPlotMakerが付属していました。ArchiCAD…

レイアウトブックの図面

図面は、レイアウトに配置されたArchiCADビューと外部ファイルです。 図面は現在のプロジェクトファイルのビューから作成するか、外部のArchiCADプロジェクトファイルからインポートできます。外部の図面ファイルおよび画像ファイルと、PDFファイルをレイアウトに配置できます。このように配置された全ての項目を総称して図面と呼びます。 注記:図面はモデルビューにも配置できます ( 「 モデルビューの図面 」を参照)。…

レイアウトIDと図面ID

レイアウトと図面の両方には、プロジェクトの編成、ナビゲート、出力のツールとして、ID が割り当てられています。レイアウトIDの割り当てを使用する第一の目的は、レイアウトブックの自動番号付けを実現することです。レイアウトブック全体に自動ロジックを適用できる一方で、ArchiCADは、ユーザーの希望に合わせてIDの割り当てをカスタマイズする最大限の柔軟性を提供しています。 このセクションのトピック レイアウトの単純な番号付け 自動レイアウトID割り当て [ブック設定]ダイアログボックス…

レイアウト運用方法

ArchiCADの運用方法コントロールは、任意のサイズ、複雑性、およびタイプ(単一ユーザープロジェクトまたは共有プロジェクト)のプロジェクトに最適な運用方法を確保します。以下に、様々な状況で使用される運用方法モデルを紹介します。 このセクションのトピック レイアウト運用方法:小規模プロジェクト レイアウト運用方法:大規模プロジェクト