プロジェクトのマークアップでBCFを使用する場合のワークフロー

例:
1.
ArchiCADモデルには、建築モデル全体とIFC経由で設備プログラムからインポートした設備モデルが含まれています。GRAPHISOFT MEPモデラーは干渉を検出します。この干渉は、マークアップ項目として表示されます。このマークアップ項目(BCF形式)を、問題を表示できる設備設計者に、設備設計者の固有のプロジェクトのコメント形式で送信します。
2.
CADマネージャは、BCF形式をサポートするIFCモデルチェッカーを使用します。
注記: Solibri Model CheckerやTekla BIMsightは、BCFをネイティブ機能でサポートしています。Revitは、KubusアドインなどのサードパーティアドインでBDFワークフローをサポートしています。
CADマネージャは、すべてのIFCモデルをプロジェクトにインポートし、問題にコメントします。CADマネージャは、これらのコメントをBCF形式で、ArchiCADを使用する設計者を含むさまざまな利害関係者に送信します。利害関係者はIFCモデルを参照し、マークアップを使用して記載された問題を追跡します。
3.
ArchiCAD設計者は、構造モデルを構造設計者に送信します(IFC形式で、BCF形式のマークアップ項目と共に)。構造設計者は、Tekla Structuresを使用してモデルを参照します。BCF互換により、設計者は修正された要素を素早く簡単に見つけることができます。