追加データの割り当てと入力

BIMから直接取得する情報に加え、エネルギー計算に必要な2つの入力データタイプがあります。
スペースバウンダリ(構造と開口部)の特性設定
補助データ割り当て/入力
これらの入力データについては、以降のセクションで説明します。
[デザイン]→[エネルギー評価]を選択して、[エネルギーモデル再検討]パレットを開きます。このパレットの3つのタブページ([ヒートブロック]、[構造]、[開口部])に、モデル形状の自動分析により生成されたデータが表示されます。ヒートブロック、構造、開口部の各リストのArchiCADモデルデータに、建築モデルから取得した情報以外の追加データを割り当てる必要があります。
手動で編集する前には、追加データを収める[エネルギーモデル再検討]パレットの各タブページのフィールドにはデフォルト値が設定されています。リストの機能ボタンを使用してこのデータを手動で編集し、建築エネルギーモデルを細かく調整します。
任意の特性の編集可能な値を修正するには、そのリストから特性を選択します。
リストビューでは、複数の項目を編集できます。修正する必要のある最初の項目を選択します。それからマウスの左ボタンを押したままポインタを移動するか、あるいはCTRLキーかSHIFTキーのいずれかを押しながら項目をクリックして、項目を追加で選択します。最初に選択した行に表示される機能ボタンを使用して、選択した全てのリスト項目の特性を変更します。
シミュレーション入力に不十分なデータがリストに存在する場合、そのデータを含むリスト項目が赤色で強調表示され、警告記号(黄色の三角形内の感嘆符)が該当するデータフィールドに表示されます。

サブトピック

ヒートブロックの特性設定

エネルギーシミュレーションを実行するには、各ヒートブロックに3つの特性セットを個別に定義する必要があります。この主要なヒートブロックの特性セットとは、空間ゾーン、オペレーションプロファイル、およびビルディングシステムです。 ヒートブロックを構成する空間ゾーン 「 ヒートブロックを作成する」を参照してください。 ヒートブロックツリーの下にあるコントロールボタンを使用して、選択したヒートブロックに対してArchiCADゾーンを追加または削除し、新しいヒートブロックを作成します。…

構造の特性設定

U値(R値)計算機能 U値は、選択した構造の熱伝導係数を示します。U値計算機能を使用して、構造のビルディングマテリアルの物理的特性に基づいて、プロジェクトの構造の熱に対する物理的性能を見積もります。 注記:U値を手動で編集すると、評価プロセスをより簡単かつ迅速に行うことができます。ただし、評価の精度は少し低下します。 「 U値(R値)上書き」を参照してください。…

開口部の特性設定

[エネルギーモデル再検討]ダイアログボックスの[開口部]タブページには、建築物の外郭構造および内部のヒートブロック境界の全ての開口部のデータが表示されます。 選択した開口部リストの項目の物理的特性を変更するには、値を手動で編集するか、開口部カタログの事前定義済みの値を使用します。 開口部カタログ 開口部カタログにアクセスするには、[開口部]タブページの項目を選択し、右クリックしてコンテキストメニューを表示します。…

気候データ

このダイアログボックスは、[エネルギーモデル再検討]パレットの右上にあるポップアップまたは[環境設定]ダイアログの[気候データ]ボタンから開きます。 気候データソース エネルギー評価に使用する気候データソースのオプションを選択します。 [StruSoft 気候サーバーからダウンロード]:このオプションを使用すると、気候データがStrusoftの気候のウェブサイト( http://climate.vipenergy.se )から取得されます。…

環境設定

このダイアログボックスは、右上にある[エネルギーモデル再検討]パレットのポップアップまたは[デザイン]→[エネルギー評価]→[環境設定]から開きます。 [環境設定]ダイアログボックスは、以下の項目を収めます。 設定:[場所と気候]、[地盤面レベル]、[土壌タイプ]、[環境] 他のダイアログへのリンク:[プロジェクトの場所]、[気候データ]、[表面伝熱]、[防風]、[水平日除け] プロジェクトの場所 エネルギー評価では、StruSoft Climate Server…

オペレーションプロファイル

このダイアログボックスは、右上にある[エネルギーモデル再検討]パレットのポップアップ、[デザイン]→[エネルギー評価]→[オペレーションプロファイル]、または[オプション]→[属性設定]→[操作プロファイル]コマンドから開きます。 オペレーションプロファイルはArchiCADの属性です。個別のオペレーションプロファイルを各ヒートブロックに割り当てることができます。 各オペレーションプロファイルは、1年(合計8760時間)を通して以下のデータで構成される時間単位のスケジュールに関連付けられます。…

ビルディングシステム

このダイアログボックスを使用して、建築モデルのヒートブロックに関する内部の快適条件([オペレーションプロファイル]ダイアログボックスで指定)を維持するビルディングシステムの設定を定義します。 デフォルトから選択することも、カスタムビルディングシステムを定義することも可能です。これは各ヒートブロックに割り当てます。…

エネルギー源換算係数

このダイアログボックスは、[エネルギーモデル再検討]パレットの右上にあるポップアップまたは[デザイン]→[エネルギー評価]→[環境設定]から開きます。 一次エネルギーおよびCO 2 排出の換算係数 エネルギー源ごとに、一次エネルギーおよびCO 2 排出の換算係数のデフォルト値が表示されます。これはDINV-18599標準に基づいたデフォルト値であり、プロジェクトの場所に応じて異なります。 このデフォルト値を使用するか、必要に応じて地域固有のデータを入力します。 電力源…

エネルギーコスト

このダイアログボックスは、[エネルギーモデル再検討]パレットの右上にあるポップアップまたは[デザイン]→[エネルギー評価]→[環境設定]から開きます。 パネル上部にある[表示する通貨単位]フィールドに、通貨名またはその略語を入力します。…