更新

更新

ArchiCADとArchiCADライブラリの場合:

ArchiCADやArchiCADライブラリのローカライズバージョンの使用可能な更新を確認するには、ArchiCAD 19を起動して[ヘルプ]メニューにアクセスします。

[更新を確認]コマンドではインターネットブラウザが開き、GRAPHISOFTの更新情報サイトが表示されます。ArchiCADの現在のリリースと言語バージョンの更新パッチ(hotfix)がない場合は、ArchiCADの最新バージョンを使用していることがウェブページに表示されます。更新パッチがある場合は、現在のArchiCADインストール内容に適した更新パッケージが自動的に提供されます。

[オプション]→[作業環境]→[ネットワークとアップデート]でオプションを設定すると、[更新を確認]機能を定期的に自動実行するように設定できます。

注記:更新パッチをインストールし、元のArchiCAD 19 インストーラ DVDの[追加/修復]機能を使用した場合は、修正や修復を行った後で更新を再度適用するよう求められます。商用版または教育版のArchiCAD 19ライセンスを所有している場合は、ArchiCAD更新オプションを使用できます。

その他のダウンロード可能なデータ(サンプルファイル、VIPツールなど)は
www.graphisoft.co.jp/download/にあります。

サブトピック

BIM Serverの場合

更新 ArchiCADとArchiCADライブラリの場合: ArchiCADやArchiCADライブラリのローカライズバージョンの使用可能な更新を確認するには、ArchiCAD 19を起動して [ヘルプ] メニューにアクセスします。 [更新を確認]…