タスク志向の瞬時のチームコミュニケーション

タスク志向の瞬時のチームコミュニケーション

どのような建築設計ワークフローにおいても、効率的なコミュニケーションは生産性を高め、デザイン上の問題の発生リスクを軽減します。ArchiCADの新しいチームワークでは、ユーザーが瞬時にコミュニケーションをとって作業領域を管理できる効率的で簡単な方法が導入されました。チームワークメッセージがArchiCADプロジェクトに統合され、その機能がプロジェクト内の要素と動作に結び付けられました。これにより、多数のメッセージ機能が自動化され、ユーザー主導で行われるコミュニケーションの数が減少しました。さらに、その時点でオンラインでないユーザーとのコミュニケーションも可能です。そのユーザーは次にオンラインにしたときにメッセージを受け取ります。全てのメッセージ機能は、[チームワークパレット]の[メッセージ]パネルから管理できます。

チームワークには複数のメッセージタイプがあります。これらは以下に説明するさまざまなコミュニケーションシナリオで使用できます。

サブトピック

タスクメッセージ

タスクメッセージ 大規模事務所の組織化されたワークフローでは、タスクをチームメンバーに割り当てるためのソリューションが必要になります。チームワークメッセージには次のタスクを組み込むことができます。 変更内容を送信 変更内容を受信 全てを解放 プロジェクト離脱 選択要素の再検討…

モバイルデバイスを利用した外部とのBIMデータとチーム間のコミュニケーション

モバイルデバイスを利用した外部とのBIMデータとチーム間のコミュニケーション 外部関係者(クライアントや協力会社)との設計意図の、つまり設計情報を伝達する手段はデザイナーにとってとても重要になります。モバイルデバイスで動くBIMx PROをBIMcloudと連携して使うことで、ArchiCAD使用してチームワークプロジェクトを外部関係者と共有することができます。 BIMx…