共有モデルでの作業

共有モデルでの作業

グラフィソフトのチームワーク技術により、設計担当者のチームは競合や制限なしにバーチャルビルディングモデル上で同時に作業を行うことができます。

チームワークパレット

確保の原則は、次のように単純です。

どのユーザーでも要素またはデータを新規作成できます。新規作成では確保する必要はありません。作成した新規要素は、自動的に自分が確保したことになります。

共有プロジェクトの要素、属性、またはその他のデータタイプを修正または削除するには、最初にその要素/データタイプを確保する必要があります。

通常は、必要に応じて要素を確保し、作業の完了時に解放します。これにより、現在作業が行われていない要素は常に他のユーザーが確保できる状態になります。

プロジェクト内の項目の確保状態は、オンラインである限り常に最新のものがフィードバックされます。

他のユーザーが確保している要素を必要とする場合は、要求コマンドを使用して要求できます。その要素の所有者は、要求付きのメッセージを自動的に受信します。

割り当てコマンドを使用して、現在所有している要素を他のユーザーに割り当てることができます。

チームワークパレットから作業領域をすばやく確保

チームワークでは、モデル要素とその他のプロジェクトデータ(属性やプロジェクトビューなど)をどちらも同じ論理とユーザーインターフェースを使用して確保できます。

サブトピック

要素の確保

共有モデルでの作業 グラフィソフトのチームワーク技術により、設計担当者のチームは競合や制限なしにバーチャルビルディングモデル上で同時に作業を行うことができます。 チームワークパレット 確保の原則は、次のように単純です。 どのユーザーでも要素またはデータを 新規作成 できます。新規作成では確保する必要はありません。作成した新規要素は、自動的に自分が確保したことになります。 共有プロジェクトの要素、属性、またはその他のデータタイプを 修正または削除…

要素およびプロジェクトデータの解放

条件別に要素を確保 手動選択では簡単に選択できない論理的な要素グループを確保するには、 [要素を確保] ダイアログを使用します。これにより、事前定義された条件またはカスタム選択の条件に基づいて、異なるビューで複数の要素を選択できます。この方法は、次の場合に非常に有用です。 要素がさまざまなプロジェクトビューに配置されている(例:さまざまなフロアに配置されている柱) 要素が全て同じタイプである(例:断面図内の2D要素)…

要素所有者に関するフィードバック

要素所有者に関するフィードバック ユーザー作業領域をより効率的に制御するには、ユーザーの現在の要素割り当てをすばやく確認できることが不可欠です。チームワークでは、次に挙げるいくつかのソリューションを使用できます。…