ArchiCADのコラボレーションソリューション

ArchiCADのコラボレーションソリューション

ArchiCAD では、設計担当者のチーム間でBIMプロジェクトを共有するために、次の2つの基本的な手法を使用できます。

チームワーク手法、

ホットリンクファイルの使用。

このソリューションは、小規模会社と大規模会社のどちらでも、単独または組み合わせて効率的に使用できます。本章では、この2つのコンセプトの比較と、さまざまなプロジェクトシナリオにおいて推奨する使用方法について説明します。

サブトピック

チームワークコンセプト

チームワークコンセプト 1997年以降、チームワークコンセプトは、チームメンバー間でBIMデータを共有するためのグラフィソフト社の主要なソリューションとなっています。建築業界にとってのコラボレーションの要件は、ファイルサイズの増加、プロジェクトの複雑さの増大、およびインターネット通信の利用の拡大に伴い、時が経つにつれ大幅に変化してきました。…

共有モデルでの作業

共有モデルでの作業 グラフィソフトのチームワーク技術により、設計担当者のチームは競合や制限なしにバーチャルビルディングモデル上で同時に作業を行うことができます。 チームワークパレット 確保の原則は、次のように単純です。 どのユーザーでも要素またはデータを 新規作成 できます。新規作成では確保する必要はありません。作成した新規要素は、自動的に自分が確保したことになります。 共有プロジェクトの要素、属性、またはその他のデータタイプを 修正または削除…

チームワーク環境のカスタマイズ

チームワーク環境のカスタマイズ サーバー内容のリモートおよびセントラル管理 大規模会社の階層的なワークフローでは、プロジェクトサーバー、ファイル、ライブラリ、ユーザー、およびユーザーの役割と権限を継続的に管理するCADマネージャが必要です。ArchiCADのチームワークは、ローカルまたはリモートでBIMcloud/BIM Serverの管理を可能にする、BIMcloud/ BIM…

チームワークのデータ保護

BIMcloud/BIM Serverライブラリ 共有ライブラリはBIMcloud/BIM Server上にホストされています。各ユーザーは、自動的にこれらのライブラリのキャッシュされたコピーを取得し、それらへの更新は、すべてのユーザーによって受信されます。適切なアクセス権限を持つユーザーであれば、共有プロジェクトに新規ライブラリを追加できます。追加したライブラリは、その後BIMcloud/BIM…

ホットリンクファイルのコンセプト

ホットリンクファイルのコンセプト 前章では、ArchiCADの主なコラボレーション手法であるチームワークについて説明しました。ここでは、もう1つの基本的なプロジェクト共有ソリューション/内部コラボレーション手法である、ホットリンクファイルのコンセプトについて評価していきましょう。…

混合コンセプト – チームワークとホットリンクファイルの組み合わせ

利点 コンサルタントのDWGおよびDXF図面は、Xrefとしてバーチャルビルディングに簡単に配置可能。 反復するDWG/DXFファイル(詳細図など)を簡単に制御および修正可能。 コンサルタントが行った修正は、ArchiCADプロジェクト内で自動的に更新。干渉や設計の競合は、バーチャルトレース機能を使用して簡単に検出できます。…

チームワークとホットリンクファイルのコンセプトの要約

チームワークとホットリンクファイルのコンセプトの要約 以下に、ArchiCADのチームワークとホットリンクファイルのコンセプトの簡単な比較表を示します。   チームワーク ホットリンク 開始作業 ただファイルを共有してユーザーを参加させるだけでよい。 手動でファイル構造を作成してホットリンクする必要がある。 作業領域の変更 必要なときに必要な要素を確保および解放する。 ファイル構造を再構成する必要がある。 オフライン作業…