エネルギー評価の統合

エネルギー評価の統合

ArchiCADのエネルギー評価は建築モデルのモデル形状と材質特性の自動分析を行います。次に結果データはArchiCADに統合された、VIP-Coreダイナミックエネルギー シミュレーションソフトウェアモジュールの入力として使用されます。VIP-Coreは、エネルギー性能評価レポートを生成するために、 毎時のエネルギーフロー解析を行います。設計の現在の状態のエネルギー性能がArchiCAD内で簡単に評価され、エネルギー消費改善のために意匠モデルで行った変更の効果を即座に確認できます。エネルギー評価を建築デザインのあらゆるフェーズで利用できるので、ArchiCADを終了し、外部のエネルギー解析アプリケーションとのデータのやり取りの必要はなく、ArchiCAD上でエネルギー性能の最適化が行えます。

初期の設計フェーズでは、この機能により多数の設計代替案の評価を動的に行うことができます。また詳細設計フェーズでは、モデル変換の間に発生しがちなデータ損失や歪みが起こる可能性をなくします。

迅速で、包括的、かつ使いやすい機能です。エネルギー消費、月別のエネルギーバランス、およびその他の指標の比較を全てArchiCAD内で行うことができ、これらをデザインプロセスで考慮して最適なデザイン選択を実現できます。

ローカルエネルギー標準準拠のドキュメントを生成するために、サードパーティ製のエネルギー解析ソフトウェアの使用もご検討ください。そのためArchiCADはモデル形状と材質特性の自動分析で生成された、建築モデルデータのエクスポートをサポートしています。

注記: GRAPHISOFTはArchiCAD 18用のアドオンEcoDesigner STARを提供しています。このアドオンはArchiCADに搭載されたエネルギー評価機能に、さらに機能が加わり、より高度な建物エネルギー解析をおこなえます。ArchiCAD内に統合されているため、このソリューションは、デザイン変更がもたらす影響のエネルギー性能を、すばやく評価することができます。

詳細は http://www.graphisoft.com/archicad/ecodesigner_star を参照してください。