エンジニアとの調整

エンジニアとの調整

BIMを使用する事務所でのプロジェクトトレードの調整には、BIMモデルデータのインテリジェントなフィルタリングと、コンサルタントの図面での不整合と干渉を発見する必要があります。ArchiCADには、この両方の問題に対する効率的なソリューションが用意されています。

IFCを介したBIMモデル交換により、設計担当者はサードパーティ製のモデルチェックアプリケーションを利用して3Dモデル内の干渉を検出できます。モデルチェックは、特に大量のダクトや配管レイアウトを含む大規模で複雑な建物で、構造上の要素とMEPシステムの間の干渉を検出するのによく使用されます。

サブトピック

エクスポート用データの準備

エクスポート用データの準備 パートナーの事務所では通常は完全に詳細な意匠モデルは必要とせず、シンプルモデルで十分です。例えば、構造モデルは意匠モデルを簡略化したモデルで、これは複合構造の柱、梁、スラブ、壁、屋根、および構造体(躯体)部分など、構造体の建築要素のみを含みます。複合構造や断面形状で、空気層として設定されているビルディングマテリアルは、干渉検出に参加するかを定義することができます: これにより、実際に形状を有する要素部品のみがIFCモデルチェッカーやArchiCAD MEP…

要素表示によるフィルタリング

レイヤーシステム ArchiCADのレイヤーシステム(レイヤーとレイヤーセット)を使用して、エクスポートするモデルを部分的に絞り込むことができます。レイヤーを使用して要素を概念的にグループ化し(例:構造要素)、エクスポートするモデルに必要のない要素(例:家具)を除外します。例えば、エクスポートする必要のない要素のレイヤーを非表示にしておき、「表示」に設定されたレイヤーに配置されている要素のみエクスポートするフィルタを選択できます。…

構造設計、解析、そして生産

構造設計、解析、そして生産 建物の意匠設計とその物理的な構造は、相互に密接に関連しています。建物の意匠設計によって構造が定義され、また他方では建物の構造設計に意匠設計全体が反映されます。現代建築では、構造がビジュアルで芸術的になっているため、構造は完全性を維持しながらもできるだけ軽くすることが要求されます。また、構造は性能と価格面においても最適化が必要です。 ArchiCADでは、高度な設計情報を必要な詳細レベルのモデルに追加できます。この情報をIFC(Industry Foundation…

エネルギー分析

エネルギー分析 サステナブル建築とは、環境に与える影響を最小限に抑えるように建物の設計、施工、および保守管理を行うことです。サステナブルデザインの最も重要な局面の1つがエネルギー効率で、建物がそのライフスパンの間に消費するエネルギー量を削減するよう考慮されます。…

MEP設計

外部のエネルギー分析アプリケーションとのデータ交換 外部のエネルギー分析ソフトウェアツールを使用するエネルギー専門家に対して、建築形状データをエクスポートする場合は、ArchiCADモデルのこの作業に関連する部分のみを含める必要があります(例:建物エンベロープの要素、インテリア空間の境界と体積、空間の用途および番号)。 エクスポートするデータのファイル形式は、対象となるエネルギー分析ソフトウェアに応じて、 IFC または gbXML…