機能

使用できる機能は、ナビゲータでの選択内容により異なります。
 
 
ルート
グループ化(G)
ユーザー
ユーザー作成
X
 
 
グループの作成 (BIMcloudのみ)
X
 
 
状態
 
 
X
複製
 
X
X
出力
 
X
X
インポート
X
 
 
削除
 
X
X
以下に、それぞれの機能を説明します。

サブトピック

ユーザー作成

プラスをクリックしポップアップから ユーザー作成 を選択します。(ユーザールートを選択している場合は、[概要]パネルからこのコマンドを選択することもできます)   ユーザーの名前と新しいパスワードを入力します。 をクリックし、ユーザー設定パネルの残りの項目を入力します。 「 設定 」を参照してください。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: ユーザールートの フォルダ内容の修正

グループ作成

注記: グループの作成 は BIM Server では使用できません。 プラスをクリックしポップアップから グループ作成 を選択します。(ユーザールートを選択している場合は、[概要]パネルからこのコマンドを選択することもできます) ダイアログにグループ名を入力し、 作成 をクリックします。 グループ設定パネルが開き、新しいグループにメンバーを追加できます。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: ユーザールートの フォルダ内容の修正…

ユーザーの有効化/無効化

デフォルトではユーザーは有効です。ユーザーを無効にすると、そのユーザーは一時的に全てのプロジェクトと管理リソースにアクセスできなくなります。 無効にされたユーザーも、既に参加しているプロジェクトの作業をオフラインで続行することはできます。再度有効にされた後は、変更を送信できます。 分かりやすいように、無効に設定されたユーザーはナビゲーター上でバッジが付きます: 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: ユーザーの有効化/無効化  …

ユーザー/グループの複製

既存のユーザー/グループと同様の設定でユーザー/グループを作成する場合に使用します。 既存のユーザーを選択し、[概要]パネルからをクリックします。複製するユーザーに新しい名前を付けます。[設定]パネルで設定を調整します。 「 設定 」を参照してください。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: ユーザールートの フォルダ内容の修正

ユーザーのエクスポート[BIMcloud Manager:ユーザーヲエクスポート]

このBIMcloudから別のBIMcloud/BIM Serverへユーザーを転送する場合や、バックアップ目的でユーザーデータを保存する場合、この機能を使用します。エクスポートするユーザーを以下のように選択します。 全てのユーザーをエクスポートするには、ユーザールートフォルダをクリックします。 特定のユーザーグループの全てのユーザーをエクスポートする場合は、そのグループにフォーカスし、全てのユーザーを選択します。…

ユーザーのインポート

ユーザールートの プラス ボタンをクリックまたは、ユーザールートを選択し インポート をクリックします。インポートするユーザーを含むファイル(拡張子は .bimproject )を参照します。ユーザーファイルがBIMcloud Managerにインポートされます。インポートされるユーザーと同じ名前のユーザーが既にBIMcloud Managerに存在する場合、インポートされるユーザーの名前に接尾文字が付加されます(既存のユーザーは上書きされません)。…

ユーザー/グループの削除

削除するユーザーまたはユーザーグループを1つ以上選択します。表示されるダイアログボックスで削除プロセスを確認します。 LDAPディレクトリサービスからのユーザーやグループは削除できません。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: 削除/ ユーザー ルートの内容を削除