機能

使用できる機能は、ナビゲータでの選択内容により異なります。
 
ルート
フォルダ
プロジェクトファイル
フォルダを作成
X
X
 
状態
 
 
X
複製
 
X
X
移動とコピー
 
X
X
ホストの変更
 
 
X
出力
 
 
X
インポート
X
X
 
削除
 
X
X
以下に、それぞれの機能を説明します。

サブトピック

フォルダを作成

注記: BIM Server上ではフォルダ階層が単一レベルに制限されています。 現在選択されているフォルダ内にフォルダを作成します。この機能は、プロジェクトルートフォルダなどのプロジェクトフォルダを選択している場合に使用できます。 をクリックし、表示されたダイアログに新しいフォルダの名前を入力します。新しいフォルダの名前がそのフォルダ内で一意であることを確認してください。 フォルダを作成に必要なアクセス権: 簡易管理モード: プロジェクト/サーバー管理者 詳細管理モード…

プロジェクトステータス

プロジェクトには、デフォルトでアクセスできます。プロジェクトをロックすると、参加済みのユーザーは変更を送信できなくなります。 アクセス可能になると、ユーザーはプロジェクトの作業を継続して行え、変更を送ることができます。分かりやすいように、ロックされたプロジェクトはナビゲーター上でバッジが付きます: このプロジェクトステータスには複数の情報が含まれています: プロジェクトがホストされているServer または Moduleの起動/アクセス状況…

プロジェクトの複製

既存の設定と内容と同様のプロジェクト/フォルダを作成する場合に使用します。フォルダを複製すると、全てのサブ項目が複製されます。このプロセスでは、ローカルで追加されたアクセス設定が複製されます。既存のユーザーを選択し、[概要]パネルからをクリックします。複製するユーザーに新しい名前を付けます。[設定]パネルで設定を調整します。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: プロジェクト/サーバー管理者 詳細管理モード: - 親フォルダ(またはルート)の フォルダ内容の修正…

プロジェクト/フォルダの移動

選択されている項目を新しいフォルダに移動します。全ての項目で機能を使用できます。選択したフォルダのサブ項目も移動されます。 機能をクリックし、要素を移動するフォルダを選択します。 注記: フォルダピッカーにはナビゲータに表示されている全てのフォルダが含まれていますが、移動先フォルダを選択するには、そのフォルダの「フォルダ内容の修正」アクセス権が必要です。移動先としてフォルダを選択するには、そのフォルダを修正できる権限が必要です。 必要なアクセス権: 簡易管理モード…

プロジェクトのホストサーバーの変更

注記: BIM Server または BIMcloud Studio ではご利用になれません。 プロジェクトデータを他のホストサーバーに移動する場合に、この機能をご利用ください。このプロセスを開始すると、参加中のユーザーにはプロジェクトがオフライン状態になり、完了後オンラインに戻り変更の送信が行えるようになります。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: - ソース/ターゲットホストサーバーのホストコンテンツの 修正

プロジェクト/フォルダのエクスポート

プロジェクトをファイル(.bimproject18)として保存する場合は、この機能を使用します。 をクリックします。ジョブが始まり、BIMcloud Serverでファイルがパッケージ化されます。処理が完了すると、ダイアログが表示されます。必要な場合は、エクスポートファイルにバックアップを含めるオプションにチェックを入れます。ブラウザがファイルの保存先を要求する場合は、指定してください。それ以外の場合はデフォルトのダウンロードフォルダにダウンロードされます。

プロジェクトをインポート

プロジェクトファイル(拡張子.bimproject)を選択したフォルダにインポートする場合は、この機能を使用します。 1. をクリックします。 2. インポートするプロジェクトファイル(.bimproject)を参照します。 3. サーバーポップアップが表示されますので(必要なアクセス権がある場合のみ)、インポートするプロジェクトのホストサーバーを選択します。 プロジェクトがインポートされます。 必要なアクセス権: 簡易管理モード…

プロジェクト/フォルダの削除

選択されているプロジェクト/フォルダを削除します。フォルダを選択した場合、フォルダと共に全ての内容が削除されます。 必要なアクセス権: 簡易管理モード: サーバー管理者 詳細管理モード: 削除/ ユーザー ルートの内容を削除