バックアップを使用してプロジェクトデータを復元

バックアップファイルの保存場所
バックアップファイルは両種類(BIMproject /PLNバックアップ)とも、BIMcloud Server/BIM Serverをインストールした[プロジェクト]→[バックアップ]フォルダに保存されます。
BIMcloud/BIM Serverが実行中であれば、Managerのインターフェイスのプロジェクトページのバックアップパネルで、[ダウンロード]ボタンをクリックし、任意の場所にバックアップファイルをダウンロードすることができます。
バックアップファイルのリストア方法
BIMprojectバックアップは実行中のBIMcloud/BIM Serverに復元されます。次のセクションを参照してください。
PLNバックアップは単独のArchiCADプロジェクトとしてのみ開くことができます。開いた後で再共有します。次のセクションを参照してください。
同一のBIMcloud/BIM ServerでBIMprojectバックアップのロールバック
元のBIMcloud/BIM Server が実行中の場合、ロールバックを使用して現在のチームワークプロジェクトのバージョンをバックアップファイルと置き換えるか、新しいプロジェクトとして作成できます。
1.
プロジェクトバックアップパネルのBIMprojectバックアップを選択します。
2.
をクリックします。
3.
ロールバックオプションを選択します。
[このプロジェクトを上書き]:選択したBIMprojectバックアップコピーが現在のプロジェクトを上書きして置き換えられます。
その結果、全てのユーザーは「セッションの終了」を通知され、プロジェクトの新規バージョンに参加しなおさなければならなくなります (ユーザーは未送信の変更を破棄するか、現在のバージョンを単独プロジェクトとして保存する必要があり、上書きされたプロジェクトに未送信の変更を送信することはできません)。
[バックアップから新規プロジェクトを作成]:選択したBIMprojectバックアップファイルは新しい、別のプロジェクトとして作成されます。
4.
、をクリックします。
ManagerのプロジェクトリストからBIMprojectを利用することができます。
BIMprojectバックアップファイルをダウンロードし、BIMcloud/BIM Serverにインポート
機能している他のBIMcloud/BIM Serverを使用してプロジェクト作業を行う場合は、バックアップファイルをダウンロードして、他のBIMcloud/BIM Serverにファイルをインポートします。
1.
バックアップの一覧から任意のBIMprojectバックアップを選択します。
2.
をクリックします。
3.
バックアップファイルの保存先フォルダを選択します。
4.
Managerを使用して、このバックアップファイルを機能しているBIMcloud/BIM Serverにインポートします。
注記: BIMprojectバックアップには全てのユーザーデータや役割が含まれるため、ユーザーの追加や役割の定義を再度行わなくてもすぐに作業を再開できます。
PLNプロジェクトバックアップをダウンロードして、単独プロジェクトとして開き再共有する
PLNバックアップは単独のArchiCADプロジェクトとしてのみ開くことができます。PLNバックアップはどのバージョンのArchiCADでも開くことができます。機能しているBIMcloud/BIM Serverにアクセスが得られたら、プロジェクトは共有しチームワークでの作業を続行できます。
1.
バックアップの一覧から任意のPLNバックアップを選択します。
2.
をクリックします。
3.
バックアップファイルの保存先フォルダを選択します。
4.
現在の、またはより新しいバージョンのArchiCADを使用して、PLNファイルを単独プロジェクトとして開きます。
5.
BIMcloud/BIM Serverが再稼働したらすぐにプロジェクトを再共有して、チームワークで作業を続行します。