BIMcloud Serverペアの作成

BIMcloud Managerと、新たにインストールしたBIMcloud Serverとでペアを作成します。この機能は、サーバールートフォルダと全てのサーバーフォルダで使用できます。
ペア作成プロセスでは、ユーザーが両方のコンピュータを完全に制御できることが確認されます。操作手順:
1.
BIMcloud Serverコンピュータに移動します。
2.
ブラウザウィンドウでBIMcloud ManagerのWebインターフェイスを開きます。
3.
ペアにしたサーバーを保存するフォルダを選択します。
4.
コマンドをクリックします。
5.
表示されるダイアログでBIMcloud Serverの公開鍵を選択し、この情報をクリップボードにコピーします。
6.
[開始]メニューからReconfigure BIMcloud Serverプログラムを開始します。
7.
BIMcloud Server設定インターフェイスが表示されます。[次へ]をクリックします。
8.
先ほどコピーした公開鍵を[公開鍵]入力項目に貼り付け、サーバーを再起動して下さい。
9.
ウェブサイトで [次へ]をクリックします。
10.
BIMcloud ServerのURLを入力してください (http:// または https://、ポート番号を含む。例:
http://computer.com:1228)
11.
Fix the error if the URLで接続できない場合は、エラーを確認し、再度[次へ]をクリックします。
12.
サーバー名を追加。この名前はナビゲータに追加され、ホストサーバーとして参照する時にArchiCADで使用されます。
13.
BIMcloud Managerは新しくペアリングされたBIMcloud Serverで追加ライセンスが必要か確認します。必要な場合は、BIMcloud Managerが確保を試みます。ライセンスが確保できなかった場合でも継続が可能で、サーバーはライセンスの問題が解決されるまでオフラインになります。
ペアが正常に作成されると、BIMcloud Serverが自動的にナビゲータに表示されます。
トラブルシューティング:
BIMcloud Serverが正常に再起動されたことを確認します。
正しい公開鍵をコピーして貼り付けたことを確認します。
入力したBIMcloud ServerのURLにBIMcloud Managerコンピュータからアクセスできることを確認します。
必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
詳細管理モード:
フォルダ内容の修正
詳細の修正