サーバー – BIMcloud

注記: BIMcloudのみ。
(BIM Serverを利用している場合は、モジュール – BIM Serverをご覧ください)。
BIMcloud ServerはBIMcloudのハードウェアコンポーネントです。複数のBIMcloud Serverで構成されている場合でも、ArchiCADからは単一のBIMcloudにアクセスします。
サーバーとフォルダの表示および修正には、サーバーページを使用します。
サーバーとフォルダ表示に必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
詳細管理モード: 項目の表示アクセス権 (トラバーシングが適用)

サブトピック

ナビゲータ

[サーバー]ページには、アクセス可能なサーバーがフォルダに整理されて一覧表示されます。2種類のサーバーの種類があります: BIMcloud Manager(1つのインスタンスしか使用できない場合) BIMcloud Server(複数のBIMcloud Serverが存在する可能性がある場合) 表示されているサーバーは、フォルダを使用して自由に整理できます。例えば、同じオフィスの全てのサーバーを1つのフォルダにまとめることなどが可能です。

機能

使用できる機能は、ナビゲータでの選択内容により異なります。     ルート フォルダ BIMcloud Manager BIMcloud Server フォルダを作成 X X     ペア X X     状態     X X 移動とコピー   X X X 切断      …

概要

[概要]セクションには、ナビゲータで選択した項目に最も関係している関係してる情報のリストが含まれています。 詳細情報ページへのリンクとしても機能するリスト項目もあります。                 確認できる情報は、何が選択されているか(サーバールートフォルダ、他のサーバーフォルダ、BIMcloud Manager、BIMcloud Server)によって異なります。   ルート フォルダ…

パネル

使用できるパネル数と内容は、ナビゲータでの選択によって異なります。