v18 または v19 Module

設定
設定パネルには選択された要素の基本設定含まれます。
ステータス
モジュールの現在のステータスが示されます:
起動中 (問題なし)
停止 (Module はアクセス可能ですが、サービスが起動していません)
アクセス不可(Moduleにアクセス不可)
Module関連の警告とモジュールのバージョンが表示されます。
Moduleの起動/停止に必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
詳細管理モード: サーバーの起動/停止
一般設定
Moduleの名前
必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
詳細管理モード: プロジェクトの「詳細の修正」
フォルダ
Moduleはこれらのフォルダにデータを保存します。Moduleは、これらの全てのフォルダに対し読み書きアクセス権を持つ必要があります。全てのパスは、Moduleのローカルパスとします。
プロジェクト デフォルト:新たに共有されたプロジェクトを保存するフォルダ。以前から共有されているプロジェクトは、元のフォルダのままです。
ライブラリ デフォルト:新たにアップロードされたライブラリを保存するフォルダ。以前アップロードされたライブラリは、元のフォルダのままです。
必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
詳細管理モード: プロジェクトの「詳細の修正」

サブトピック

アクティビティ

選択されたBIMcloud Serverにホストされている、プロジェクトのすべてのユーザーのアクティビティを表示します。 「 アクティビティパネル 」を参照してください。

アクセス

簡易管理モードを利用中の場合は、アクセスパネルは使用できません。 「 アクセスパネル 」を参照してください。