BIM Server Manager パネル

設定
必要なアクセス権:
簡易管理モード: サーバー管理者
ステータス
バージョン: BIM Server Managerのプログラムのバージョン
BIM Server Managerに関連する警告
一般設定
BIM Serverの名前。この名前は、Webインターフェイスの左上に表示されます。ArchiCADのBIMcloud/BIM Serverのポップアップにこの名前が表示されます。
注記: BIM Server managerモジュール名の変更できませんのでご注意ください、また簡単に識別をできる名前をお選びください。
接続設定
ArchiCADがサーバー接続に利用するアドレスの設定をおこないます。
一次アドレス (必須): このアドレスは、サーバを一意に識別します
代替アドレスと検索順序 (オプション): ArchiCADは接続に最も適したアドレスを選択します
接続を設定する方法については、接続設定をご覧ください。
BIM Server Managerは自動的に入力中にアドレスを確認し、その結果を表示します。
他のロケーションで動作するアドレスも入力できます。
1つ以上の入力されたアドレスが異なるBIMcloud/BIM Serverを指している場合は変更を保存できません。
利用中サーバーのIPアドレスまたは、コンピュータ名を一覧に追加したい場合は、現在のアドレスを表示をクリックし、アドレスを選択します。
上/下の矢印を使用して、アドレスの検索順序を調整します。削除アイコンを使用して、アドレスの削除または、更新アイコンで確認をおこないます。
メール設定
通知とパスワードリマインダを送信できるEメールサーバーを設定します。
[SMTPサーバー]:SMTPサーバーのアドレス
 
接続セキュリティ:サーバーに必要なセキュリティレベル
アドレス:Eメールの送信に使用されるEメールアドレス
サーバーは認証を必要とします:サーバーへのアクセスにユーザー名とパスワードが必要な場合は、チェックします
ユーザー:認証するユーザー
パスワード:上記のユーザーに使用するパスワード
カスタム ユーザー項目
新規追加:このボタンをクリックすると新しい項目が追加され、名前を入力できます。
ここで入力した項目は、サーバー全体の追加情報を入力するために全てのユーザーの設定で使用できます(例、Skypeアドレス、部署名)。
削除:ここと全てのユーザーの[設定]パネルから項目を削除します。この項目にユーザーが入力したデータは、失われます。

サブトピック

ライセンスパネル

BIM Serverの有効化 ライセンスは無償ですが、グラフィソフトのIDを使用して有効化する必要があります。 BIM Server有効化に必要な管理者の役割: ーバー管理者