バックアップ

このパネルの制御要素を使用して、プロジェクトのバックアップのスケジュールを作成し、バックアップを作成および管理します。
バックアップ スケジュール
スケジュール変更に必要なアクセス権:
簡易管理モード: プロジェクトまたはサーバー管理者
詳細管理モード: 選択されている項目の詳細の修正
バックアップ
バックアップ作成 。
現在選択されているプロジェクトの手動バックアップを作成する場合は、このコマンドを使用します。使用するバックアップの種類をポップアップから選択します:
BIMProjectバックアップがバックグラウンドジョブとして即座に開始されます。完了後には通知が届きます (バックグラウンドジョブ」を参照してください。) 新しいバックアップはバックアップリスト(および[アクティビティ]パネル)に一覧表示されます。
PLNプロジェクトバックアップの場合:プロセスは、自動スケジュールのPLNバックアップと同じです。バックアップが保留中であることが(チームワークパレットのアイコンにより)、全てのクライアントに通知されます。このバックアップは、クライアントが送受信中に[バックアップの作成]をクリックすると、作成されます。
バックアップファイルの名前を選択します。選択した種類のバックアップが既に進行中または保留中の場合、最初のバックアップが完了するまで別のバックアップを作成することはできません。次の機能にアクセスするために、既存のバックアップ一覧から1つ以上のバックアップを選択します:
バックアップファイルのダウンロード
をクリックし、ファイルのダウンロード元を参照します。
バックアップの削除
選択されているバックアップファイルをクリックして削除します。選択されているファイルが保留中のPLNバックアップの場合、このバックアップファイルはリストから削除され、バックアップは行われません。
バックアップの保持
選択されているファイルが自動バックアップの場合のみ使用できます。削除がスケジュールされた後でもこの自動バックアップを保持するには、をクリックします
[保持]をクリックすると、自動バックアップは手動バックアップになります。名前は編集可能になり、手動バックアップとしてリストされます。
ロールバック
選択されているファイルがBIMProjectバックアップの場合のみ使用できます。
現在選択されているプロジェクトのバージョンをバックアップファイルに置き換える場合や、新規プロジェクトを作成する場合は、[ロールバック]を使用します。
[ロールバック]をクリックし、以下のいずれかのオプションを選択します:
[このプロジェクトを上書き]:選択したBIMプロジェクトバックアップコピーで現在のプロジェクトを上書きして置き換えます。
その結果、全てのユーザーは「セッションの終了」を通知され、プロジェクトの新規バージョンに参加しなおさなければならなくなります。(ユーザーは未送信の変更を破棄するか、現在のバージョンを単独プロジェクトとして保存する必要があり、上書きされたプロジェクトに未送信の変更を送信することはできません)。
[バックアップから新規プロジェクトを作成]:選択したBIMプロジェクトバックアップファイルが、新しい個別のプロジェクトとしてサーバー上に作成されます。
既存のバックアップの作業に必要なアクセス権:
簡易管理モード: プロジェクトまたはサーバー管理者
詳細管理モード: 選択されている項目の詳細の修正

サブトピック

PLNプロジェクトバックアップ

PLNプロジェクトバックアップにはモデルデータのみ含まれます。また、ArchiCADの単独モードでプロジェクトを開くことができます。PLNバックアッププロセスはクライアントのコンピュータを使用し、バックアップを作成する前にクライアントの確認を要求します。 注記: PLNバックアップは、役割設定で次のアクセス権をもつユーザーのコンピュータでのみ実行できます: PLNバックアップ-作成用のコンピュータを使用…

BIMProjectバックアップ

BIMプロジェクトバックアップにはモデルデータ、およびBIMcloud/BIM Server関連の全ての情報(ユーザーデータや役割など)が含まれます。BIMProjectバックアップ は、[プロジェクトバックアップスケジュール]ダイアログボックスで設定したスケジュールに従ってバックグラウンドで自動的に作成されます。…