インターフェイスの概要

ホーム画面
ホーム画面は、BIMcloud ManagerのWebインターフェイスを開いたときに表示されるメインページです。正常にログインすると、この画面が自動的に表示されます。このページには、ブレッドクラムのボタンをクリックしていつでも戻ることができます。
このページでは、BIMcloud上にある現在のアクティビティ(参加中のプロジェクト)の要約が表示され、各種コンテンツへのショートカットが提供されます。
注記:使用可能なショートカットの数は、サーバー上のアクセス権によって異なります。
トップページには、ArchiCADからサーバーアクセスに使用できるサーバーのアドレスが表示されています。

サブトピック

コンテンツタイプ

BIMcloud/BIM Serverには5つのコンテンツタイプがあり、それぞれ独自のプロパティと機能を備えています。Webインターフェイスではコンテンツタイプは互いに区別されていますが、相互関係は、コンテンツタイプ間に存在する多数のWebリンクに反映されています。 コンテンツタイプ: ユーザー(とグループ) 役割 プロジェクト サーバー BIMcloud Studio または BIM ServerのModule ライブラリ…

ナビゲータ

ナビゲータは、現在選択されているコンテンツタイプの全ての要素を一覧表示します。ナビゲータには、(フォルダとして機能する)各コンテンツタイプのルート項目が含まれています。 要素を選択して詳細情報を表示するには、その要素をクリックしてください。 注記: ナビゲータに表示される要素と表示される情報は、ユーザーが持つアクセス権によって異なります。

概要

ナビゲータの右に表示される[概要]には、主な機能と選択されている項目の概要が表示されます。 この概要の編集はできません。(ナビゲータが表レイアウトの場合、コンテンツエリアは表示されず、[概要]だけが表示される情報源となります)。 [概要]には以下の4つのセクションがあります。        [概要]のセクション:名前 - 機能 - 概要 - 参加しているユーザー/プロジェクト フロア名 機能…

パネル

選択されている項目の全てのパラメータとプロパティを表示し、編集できます。 各パネルの情報は、複数のセクションに整理できます。内容を編集するには、セクションヘッダーのボタンをクリックします。編集を完了するには、またはをクリックします。 注記: 一度に編集できるセクションは1つだけです。別のセクションの編集や現在のページからの移動を行おうとすると、まず設定を保存するように促す警告が表示されます。…

バックグラウンドジョブ

大部分の機能はクリックするとすぐに完了しますが、もう少し時間がかかる機能もあります。これらの場合、プロセスはバックグラウンドジョブになるので、ユーザーは作業を続けることができます。 バックグラウンドジョブは同時に複数実行できます。一般的に、ユーザーが起動したバックグラウンドジョブのみ表示されます。 クリックした機能がバックグラウンドジョブになった場合、通知が届きます。ジョブの実行中は、BIMcloud/BIM Server Managerのヘッダーポップアップに進捗状況が表示されます。…

設定の継承

注記: BIM Server ではご利用になれません。 BIMcloudでは、階層に整理してより上位の設定を適用することにより、項目のグループに汎用ルールを設定できます。つまり、階層レベルが下位の項目は上位の項目の設定を継承します。コンテンツタイプのルート要素の設定は、そのコンテンツタイプの全ての項目によって継承されます。 注記:…