アクセス定義とアクセス権の見直し

[アクセス]パネルには以下の3つのビュータイプがあります。
コンパクトビュー(定義されたとおりのアクセス定義)
ユーザー別
アクセス権ビュー
コンパクトビューとユーザー別ビューは、リストの上にある[ビュー]ポップアップで切り替えます。
アクセス権ビューに切り替えるには、リストで項目を選択して[詳細]をクリックします。

サブトピック

コンパクトビュー

このビューは、承認されているアクセスを定義されたとおりに一覧表示します。このリストは2つの部分に分かれ、上部にはローカルで作成されたアクセス定義が、下部には親要素から継承されているアクセス定義が表示されます (リストの下部は、継承されたアクセス定義がある場合のみ表示されます)。 柱: ユーザー/グループ名 割り当てられた役割 - 役割が継承されている場合は、役割の上にカーソルを置くと、役割の継承元を確認できます…

ユーザー別ビュー

各種レベルのユーザーとグループにアクセス権が承認される場合もあります。この場合、選択されているコンテンツ項目に対するユーザーのアクセス権を理解するのが難しくなります。この場合は、ビューを使用して全てのグループを展開し、全てのレベルの全てのアクセス権を要約します。 このビューでは、全てのグループが展開されます。ユーザーだけが役割と共に一覧表示されます。継承元を確認するには、特定の役割の上にカーソルを置いてください。 柱: ユーザー名 割り当てられた役割 -…

アクセス権ビュー

このビューは役割を展開し、クリックしたユーザーまたはグループに承認されているアクセス権を要約します。 アクセス権は行に、役割は列に表示されます。列のヘッダーは、選択されているユーザー/グループにその役割が割り当てられた場所と方法を示しています。 カスタム役割には専用の列があります。 [概要]列は、選択されているユーザー/グループの集約されたアクセス権セットを表示します。 カスタム役割を編集可能にするには、ヘッダーのをクリックします ([カスタム役割]列でのみアクセス権を無効にできます)。…

継承

アクセス定義の重要な機能は、継承です。フォルダ階層の上位レベルで承認されたアクセスは、 下位の全てのサブ要素に継承されます 。 コンテンツ項目に対するユーザーの最終的なアクセス権セットは、ユーザー(またはユーザーが所属するグループ)に割り当てられた全ての役割の合計です。無効になったアクセス権を階層の下位レベルで再承認することはできません。      

トラバーシング

コンテンツ項目に対する 「項目の表示」 アクセス権を受け取ると、コンテンツ項目の親フォルダ(ルートフォルダを含む)に対して「項目の表示」アクセス権がなくても、ナビゲータでそのコンテンツ項目を見つけて作業できます。 トラバーシングにより、ユーザーは親フォルダにアクセスするアクセス権がなくても、「項目の表示」アクセス権を持つ全てのコンテンツ項目に常にアクセスできます。…

アクセス権のないユーザー

要求したページにユーザーがアクセスできない場合は、警告メッセージが表示されます (例えば、ユーザーがあるプロジェクトのURLを受け取ったが、そのプロジェクトへのアクセス権を持たない場合)。 コンテンツ項目間の内部リンク(ユーザーのページから現在参加しているプロジェクトへのリンクなど)は、ユーザーがそのプロジェクトにもアクセスできる場合のみ有効です。この条件が満たされない場合、リンクは機能せず、警告ポップアップが表示されます。