アクセスの承認

アクセス定義には3つの要素が含まれています。
アクセス可能な項目
アクセス可能なユーザー
実行可能な操作
注記:ACL(アクセス制御リスト)と呼ばれるこの種のアクセス定義は、IT業界で幅広く使用されています。ACLは、コンテンツ項目へのアクセスを承認するユーザーと、特定のコンテンツ項目に対して許可されるアクセス権を指定します。
よって、BIMcloudでコンテンツ項目へのアクセスを承認するには、以下のの3つの手順を実行します。
1.
ナビゲータで項目を選択します。
2.
[アクセス]パネルを開き、アクセスできるユーザーの名前をまず入力します。既存のユーザーまたはグループの選択にはポップアップが役立ちます。全てのユーザーにアクセスを承認する場合は、特別な全員グループを使用します。
 
 
 
 
3.
選択したユーザーまたはグループの役割を選択します。この手順では、選択した項目に対するユーザーの役割を定義します。
ナビゲータで複数のコンテンツ項目を選択している場合、これらの項目に対する既存のアクセス定義は[アクセス]パネルには表示されません。この状態でも新しいアクセスを承認することはできます。アクセスは、ユーザーが「アクセスの修正」アクセス権を持つ全ての選択されているコンテンツ項目に適用されます。

サブトピック

アクセス承認時に選択できる役割

役割 各ユーザーは、デフォルトの役割をユーザー設定に定義できます (デフォルトの役割は定義しなくても構いません)。 アクセスを定義するときにユーザーのデフォルトの役割(自動的に選択される選択肢)を選択すると、このアクセスはユーザーのデフォルトの役割に応じて変化します。つまり、このユーザーのデフォルトの役割が変更されると、このアクセス定義も自動的に変更されます。…