BIMcloud Delta Cache

 

注記: BIM Server または BIMcloud Studioではご利用になれません。
BIMcloudBIMServerFeatureOverview.2.17.1
同じ場所にある複数のArchiCADクライアントで作業が行われ、プロジェクトは遠隔地のBIMcloud Serverにホストされている場合、各クライアントでそれぞれ1回としても同じデータが複数回ダウンロードされます。この余剰な作業によりサーバーの負荷が増大し、使用可能な帯域幅が減少します。
BIMcloud Delta Cache コンポーネントは、クライアント側でデータをキャッシュすることにより、ArchiCADクライアントとBIMcloud Server間のデータ転送を最適化します。一度ArchiCADクライアントでプロジェクトの一部をダウンロードすると、BIMcloud Delta Cacheによってデータがローカルにキャッシュされ、そのデータが同じデータを要求する次のArchiCADクライアントに対して提供されます。