BIMcloud/BIM Serverの機能

BIMcloud/BIM Server 19の機能
BIMcloud システムトレイ アプリケーション: サーバー管理のスタートポイント
アプリケーショントレイに置かれたアイコンから、簡単に管理画面にアクセスすることができ、設定をおこなえます
インストールされた全てのコンポーネントの状態を監視でき、エラーに迅速に対応できます
すべての管理コマンドは、トレイ内にグループ化されています

サブトピック

ArchiCADとBIMcloudを簡単接続

さまざまなネットワーク環境で対応するためのデータ転送の最適化 社内ネットワーク内からBIMcloudに接続する場合は、HTTPS暗号化の必要はありませんが、インタネットを介して接続する場合は暗号化は必要になってきます。サーバー管理者はBIMcloud/BIM Serverに対して複数の代替アドレスおよび優先度を設定できます。ArchiCADはに初めて接続に成功すると、これらのアドレスを受信し、環境に最も適したアドレスが自動的に選択されます。 BIMcloud…

ロードバランシング: BIMcloud Server間でプロジェクトの配置先を変更 (BIMcloudのみ)

複数の進行中のプロジェクトが特定のBIMcloud Serverにある場合、過負荷を避けるためのサーバーリソースを解放する手段として、負荷が少ない他のBIMcloud Serverにプロジェクトを移動する方法があります。 BIMcloud Managerの「ホストの変更」機能を利用することで、プロジェクトの再配置を容易におこなえます。 ブラウザベースの管理: サーバー管理者はスマートフォンやタブレットからでも、この操作をリモートでおこなえます。 完全自動プロセス…

チームワークコンセプト

GRAPHISOFT BIMcloud/BIM Serverは、遠隔地のチームとの共同作業や大容量ファイルの操作など、業界のニーズに応えるものです。オフライン作業も可能で、ほぼどこからでも作業できるので、チームメンバーはどこでもログインして作業できます。ArchiCADにインポートできるプロジェクトデータは何でも、GRAPHISOFT BIMcloud/BIM Server経由で送信可能です。…

BIMcloud/BIM Serverの紹介

ArchiCAD 18では、GRAPHISOFTはBIM Server技術のさらなる向上を進めてきました: GRAPHISOFT BIMcloud ソリューションは、多くの複雑なプロジェクトを実行するフローバルな企業のニーズに応えるよう開発されました。パワフルな機能と先進的な管理ツールにより、BIMcloudは標準的なBIM Serverと比べてより多くの機能を提供しています。…